日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

令和元年の二番茶終了!

川根町上河内地区では今月の20日から二番茶の収穫が始まりました。

 

そして収穫開始から9日目となる今日、全ての畑でお茶の芽の収穫が終わり、二番茶は終了しました(^^)/

 

雨の影響で、昨日の収穫はなかったものの、平年と比べても順調に収穫が行えた年となりました!

平年では2~3日ほどは、雨で収穫が行えなくなることもあります。

 

心配していた台風による大雨も、少しまとまった雨が降る程度で、土を湿らす程度でした。強風も吹かなかったので、ホッとひと安心です!

 

 

今年最後の収穫

朝の段階ですでに雨が上がり、空は雲が覆っている状態でした。

しかし、雲の隙間からは青空も見え、天気予報も悪くない…。少し雨が降ることが心配でしたが、二番茶最後の収穫を本日実行することに決断しました。

 

夜の間に雨が降ったので、遠くの山まではっきりと見通すことができ、澄んだ空気の中で最後の収穫でした(^^♪

 

雨上がりということで、もちろん霧も大量に発生。

一時的に、辺りが真っ白になる時間帯もありました。

 

霧が発生したり、朝露が降りることは、品質の良いお茶が育つ条件となりますが、収穫するお茶の芽が乾くまで待たなければいけないのが、大変な所です…(^^;)

 

 

先日の天気予報で、今後はずっと天気が崩れる予報だったので、上河内地区の大半の農家は一昨日、二番茶の収穫を終えています。周辺の畑は、ほぼ全て収穫が終わっている状態です。

今日は、おかのや農園を含め4軒の農家が収穫を行いました。(上河内地区全体で15軒の茶農家があります)

 

収穫を終えた畑は少し寂し気で、二番茶のシーズンが終わることを、ひしひしと伝えてきます。

 

上河内地区では、お茶の収穫は一年間に2回だけ。一番茶(新茶)と二番茶だけです。

そのため「二番茶の収穫が終わる」ということは、「今年のお茶の収穫が終わる」ということ…。今日で、令和元年のお茶づくりは終了してしまいます。

 

やはり収穫作業は、全ての作業の中で最も嬉しく楽しいものなので、それが終わるということは少し寂しさを感じます。

 

しかし、同時に達成感もあります。

今年も気象災害などに遭うことなく、無事に令和元年のお茶づくりを終えることができたので、自然や上河内地区の環境、そしてお茶の樹たちには感謝の気持ちでいっぱいです!

 

収穫を終える頃には、セミの鳴き声が聞こえ始め、空も青空が広がり始めていました。