日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶の樹の更新方法 浅刈り・深刈り・中切り・台切りについて

お茶の樹は毎年収穫を繰り返すことで、少しずつ樹の高さが高くなり、枝も細く混み合った樹になってしまいます。

 

すると作業が行いにくくなるだけでなく、細い枝から伸びた芽は、弱々しくほっそりとした芽となってしまうのです。このような芽では、良いお茶を作ることが出来ません(>_<)

そこで、作業を行いやすくするため、品質の良いお茶を作るために、お茶の樹の枝を更新(リセット)する作業を行います。これらの作業は、枝を刈ったり切ったりする高さで名前が変わります。

 

今回は、お茶の樹の断面を元に、お茶の樹の更新作業について投稿します。

 

4つの更新方法

お茶の樹の更新方法は、全部で4つあります。

そのどれもが、お茶の樹を大胆にカットするものなのですが、作業の名前は刈る高さで変わるのです。

 

刈る深さが浅い順に

「浅刈り」

「深刈り」

「中切り」

「台切り」

この4つが、お茶の樹の更新方法になります。

 

では、1つずつ説明していきます。

 

葉っぱを残して刈る浅刈り

最も枝を浅く刈る更新方法が『浅刈り

お茶の樹は約10㎝の葉っぱの層をもっているのですが、この葉っぱの層を5㎝ほどカットするのが浅刈りになります。

図では、①の赤いラインになります。

 

お茶の樹の表面部分、最も枝の細い所を刈り落とす方法で、一番茶の収穫後や二番茶の収穫後に行います。

 

僅かですが葉っぱが残るので、枝を刈り落とした後、新しい芽が出てくるのも早いです。

 

川根町上河内地区では、二番茶の収穫後に「浅刈り」を行っています!

浅刈りを行い枝を新しい物にリセットすることで、翌年の一番茶(新茶)の品質が良くなるのです(^^♪

 

また、病気の予防にもなり、最も行う頻度の高い作業になります。

 

 

葉っぱは全てカット「深刈り」

浅刈りよりも深い位置で枝をカットするのが『深刈り』です。

葉っぱがある部分は全て刈り落とすことになるので、作業後の畑は枝が丸見えに…。もちろん、葉っぱが付いていない状態になるので、緑色の茶畑は茶色に見えるようになります。

 

図では、②の赤いラインになります。

 

この作業は、主に一番茶の収穫後に…。暖かい地域では、二番茶後にも行われることもあります。

 

作業後は葉っぱが残っていないので、新しい芽が出てくるまでには1か月以上の時間がかかります。

 

 

・6年に一度実施「中切り」

深刈りの次に深い位置で枝をカットするのが『中切り

この作業は、5年から6年に1回のペースで行う作業になります。

 

細くなった枝を大胆にカットする作業で、一番茶の収穫後に行うことが多いです。

図では、③の赤いラインになります。

 

大体、お茶の樹を1/2ほどの高さになるまで、枝をカットするのです。

こちらも枝を刈り落としてから新しい芽が伸びて来るまでには、1カ月ほどの時間が必要になります。

 

 

中切りは5年から6年のサイクルで行う作業です。

毎年どの畑で行うのかを決め、計画的に行う必要があります。

 

作業の詳しい内容はこちらをご覧ください。

未来を見据えたお茶の樹の手入れ

お茶の樹の中切り作業

 

 

根元付近でカット「台切り」

4つの更新方法の中で、最も深い位置で枝を刈るのが『台切り』です。

この作業は、滅多に行うことがありません。

図では、④のラインとなります。

 

根元付近で枝を切るので、カマボコ型のお茶の樹の姿に戻るまで2年ほどの時間がかかります。時間がかかりますが、根元から新しい枝に更新できるため、お茶の樹の若返りをすることが出来るのです。

 

実は台切りは「切る」という漢字が使用されていますが、作業の光景を見ると枝は切られているのではなく、粉々に粉砕されているのです!

 

枝葉シュレッダーを大型化したような機械で、砕かれていきます。そのため「台切り」ではなく「粉砕」と呼ぶ人もいます。

 

 

この作業は、行う農家と行わない農家がありますが、行わない農家の方が圧倒的に多いでしょう。

「台切りをするよりも、お茶の樹を新しく植え替えた方が良い」

という指導もあるので、行われることがあまりない作業です。

 

 

浅刈り~中切りがメイン

お茶の樹の更新方法は浅刈りから中切りがメインになります。

 

どのようなお茶を作りたいのか…。

目標とするお茶の樹の姿、お茶の芽の品質を達成するために、お茶の樹の様子を観ながら計画的に作業を進めています。