日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

夏の一大作業 『苦土石灰』について

どんな作物を育てている農家であっても、家庭菜園で育てている場合であっても、必ず利用すると言っていいほど使われることがあるのが『苦土石灰』です。

 

苦土石灰の役割は主に2つ

・土の酸度を調整(酸性から中性に…)

・微量要素の補給

となります。

 

作物を育てていると、雨や肥料の影響などでどうしても土は酸性に傾いてしまいます。

また、健康的に作物が育つには土の栄養バランスが重要です。微量要素は少ない量しか利用されない養分なのですが、不足すると葉っぱの色が悪くなったり、生長に悪影響が出てしまいます。

 

そのため、野菜や果樹…どんな作物であっても、苦土石灰はほぼ必ず利用するのです。

 

 

苦土石灰というジャンル

苦土石灰は、農作物にあげる肥料と同じように、ビニールの袋に入れられ販売されています。

また、販売スペースも肥料のコーナーと同じですね…。

 

そのため、肥料の一種のような感じもしますが、私は肥料と苦土石灰は少しジャンルが違うと思っています。

 

 

肥料の目的は作物が順調に育つための栄養補給となりますが、苦土石灰の場合は土の酸度調整が主な目的となります。

※微量要素は補給しますが、メインの肥料成分(窒素・リン酸・カリ)は含まれていません。

 

また使用時の注意点も肥料とは少し違っているため、有機肥料や化成肥料と同じような感覚での使用はNGです!

 

 

お茶の場合は夏時期に…!

苦土石灰は、土に施す時期も重要です。

野菜の場合は苗や種を植える前にまくことが基本ですが、数十年単位で育てるお茶の場合は夏(ちょうど今の時期)にまきます。

 

肥料をまく時と同じく、軽トラックに肥料とまくための道具類を積んで茶畑へ…。

 

この袋1つに20㎏の苦土石灰が入っています。

 

苦土石灰は粉状の物が多いのですが、使用しているのは粒に丸めてある物です。

粉状ですと、風やまく時の衝撃で簡単に細かい粉が舞ってしまいます。

 

粒状に加工することで少し値段が高い物になってしまいますが、取り扱いやすさは全く違います(^^)/

粉が風で舞うことも少なく、量の調整もしやすいので、たくさん苦土石灰をまく時には粒状の物がおススメです。

 

ちなみに、苦土石灰にも独特の匂いがあります。

身近な物に例えると「学校の黒板のチョークの粉」「黒板ケシを叩いた時に出る煙」「ライン引きの粉」の様な匂いです。

 

本当に独特な匂いなので、苦手に感じる方も多いかもしれません…。

 

 

土と混ぜるのがポイント!

苦土石灰は、ただ土の上にまくだけでは効果が得られません。

これはお茶の栽培に限らず、野菜類の栽培にも当てはまるのですが、苦土石灰は土とよく混ぜることが重要となります。

 

土と混ぜることで、苦土石灰により土の酸度が改善されるため、苦土石灰をまく事と土を耕すこと(土と苦土石灰を混ぜる)ワンセットです。

 

 

土を最適な状態に…

苦土石灰をまく目的の1つとして「土の酸度を調整する」と言いましたが、作物はその種類ごとに育ちやすい土の酸度があります。

 

なんとなく中性(㏗7)が一番良いような気もしますが、実は弱酸性(㏗5~6)を好む野菜や果物はかなり多くあります。

 

さらに一部の作物は酸性(㏗4~5)を好むものもあります。

酸性を好む作物として挙げられるのが「ブルーベリー」

そして「お茶」も酸性の土を好むのです!

 

お茶に苦土石灰を施す時は、土の酸度が㏗5くらいになるように調節してあげます。

作物ごとに好きな土の酸度があるので、それに合わせて調節してあげることが何よりも重要なのです!

 

まとまった量の苦土石灰をまくのは、1年で今回だけ!

今後1年間の土の状態に左右するため、失敗は出来ません(>_<)

 

そのため、土やお茶の状態をよく観察しながら行っています。