日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

枝の数を増加させるために…

暑い!

とにかく暑い8月1日となりました。

 

こんばんは!

今日は全国的に暑い気温となりましたが、静岡県も例外ではありません。

屋外で作業をしていると、すぐに汗が…。日中では家の中にいても汗が出てくるほどでした。

 

今のところですが、今年で一番の暑さではないかと思います(^^;)

 

少し前までは「日照不足」「気温が低い」と騒いでいましたが、今は「暑い」ことがお昼の情報番組で盛んに取り上げられていますね!

 

今年の梅雨は日照不足の梅雨でしたが、今後は逆に雨が降らない…雨不足にならないと良いなと思います。

 

植物にとっても、人にとっても適度に雨は降って欲しいものです。

 

 

中切り園の生長状況

一番茶の収穫後に、お茶の樹の枝を大胆にカットした畑…。

このように茶色い枝が見えるまでカットする作業のことを『中切り』と言い、中切りを行った畑のことを『中切り園』と呼びます!

 

梅雨時期は日照不足で、今年は害虫も多発してしてしまったことから、新しく伸びて来る芽の生長スピードはかなりゆっくりでした。

 

しかし、作業を行ってから時間が経過すれば、ある程度は生長するもの…。

肥料をあげたり、適度に害虫や病気から守るために農薬を散布したこともあり、これらの対策を行ってからはグングン生長しました。

茶色い枝が見えていただけの畑とは思えないほどに、新しい黄緑色の芽がたくさん伸びました。

 

 

しかし、このままの状態では、来年の春に収穫するお茶の量が減少してしまいます(>_<)

 

今の状態は、大きく伸びる芽がいくつか生長しているだけです。

これでは、枝の数が少なすぎます。

枝の数が少ないと、翌年の春に伸びる芽の数も減少してしまうのです。

 

また、茂った葉っぱにより少し風通しが悪い状態…。

雨が降り半日以上の時間が経っても、下の方の葉っぱには水滴が付いている時があります。

 

風通しが悪い状態は湿気が溜まりやすい、湿度が高い状態です

植物の病気のほとんどは、カビを原因としているので、湿度が高いと病気が発生しやすい、蔓延しやすい状況であると言えます。

 

そこで、

枝の数を増やすこと

病気になりにくくすること

この2つを目的として、伸びた芽を一旦カットする作業を行います。

 

 

伸びた芽をカット

伸びてきた芽は、大胆にばっさりとカット…。

茶色い太い枝がある部分すれすれの位置で、機械を使用して刈り落としていきます。

 

作業を行った後の畑がこちら↓

新しい芽が伸びてきた状態と比べると、お茶の樹の表面がキレイに均されていると思います。

 

風通しも良くなり、雨が降ったり朝露が降りても、すぐに乾くでしょう(^^♪

 

物理的な病気への対策としてはバッチリ!

あとは、残した葉っぱや枝、これから伸びて来る新しい芽が病気になったり、害虫の被害に遭わないようにきちんと管理するだけです。

 

 

位置を一定にして伸びた芽をカットすることで、お茶の樹の表面はキレイに整えられます。

新しく伸びる芽には、均等に養分が行き渡るので、そろって芽が伸び始めます。

 

9月中旬頃までは芽が伸びやすい環境(気温的に…)なので、そのころまでには枝の数も増加するでしょう。

このように、伸びた芽をカットすることで、新しい芽がいくつか伸びます。

伸びた芽は次第に茶色く硬くなり、枝へと変化していくため、枝の数が増加するのです。

 

もし、この作業を行わないと、枝の数はとても少ないまま冬を迎えてしまいます。

そのようなお茶の樹を近くで見ると、枝や葉っぱが少なくスカスカな状態…。

 

中切りを行った茶園では、一旦新しく伸びた芽をカットする方が良いのです(^^)/