日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

びっしょり濡れるほどの朝露…

今日からお盆休み!

という方も多いのではないでしょうか…?

 

新幹線や飛行機などの混雑はピーク、高速道路も混雑しているとニュースで聞きます。地元へ帰省する方、旅行に行く方も多いと思いますが、暑さ・急な雨、来週に直撃しそうな台風などなど、不安要素があるお盆休みです。気象と、そしてもちろん交通事故なども含めてお気を付けください!

 

 

南アルプスを源流とした大井川でも、たまに水難事故が発生してしまう事があります。

今日も午後2時ごろには黒い雲が広がり、今にも雨が降りそうな天気になりました!局地的な雨で急に増水したり、水温が変化したりすることもあるので、山や川で遊ぶ際は空模様に十分注意して、楽しいひと時にして欲しいものです(>_<)

 

 

寒暖差で…

今日は午後の2時頃に黒い雲が空を覆いましたが、雨が降ることはありませんでした…。

今にも雨が降り出しそうな雰囲気だったのですが今日も雨が降らず、これで約12日間ほど雨が降っていないことになります。

 

道路の隙間から生えているような草は、水が足りなくなってしまったのか、萎れている物もよく見掛けるように…。

お茶の生長には、まだ影響は出ないと思うのですが、健康的に育つためにはそろそろ一雨欲しいものです!

 

 

しかし、ここ最近は朝になるとお茶の葉っぱがびっしょりと濡れています。

雨も降っていないのに、たくさんの水滴が付いているのです!

朝、茶畑の中を歩くと、ズボンや靴はすぐに濡れてしまいます。そのため、お日さまが昇り、水滴が乾くまでは長靴と合羽が必須です。

 

雨が降っていないのにびっしょりと濡れている…その理由は『朝露

度々朝霧も発生することがありますが、朝露は毎日です。

 

日中は気温が35℃ほどになることもあり、それなりの高温になるのですが、朝晩は気温が下がります。

 

家の近くに設置した温度計では、最低気温は23~24℃ほど。茶畑は、家のある場所よりも標高が高く、風通しも良いので、もう2~3℃ほど気温が下がると思います。

 

つまり、最低でも1日の寒暖差は10℃以上!

ここ1週間の寒暖差を見ると、12℃ほどになっている日が多いです。

 

このように1日で寒暖差が大きいと、びっしょりと濡れるほどの朝露が発生します(^^)/

もし、熱帯夜の様な状態であれば、発生しなかったり、あるいは僅かな量の露になるでしょう…。

お日さまが昇り、日が当たると1時間程度で乾いてしまうため、早朝の僅かな時間しか見ることが出来ない朝露…。

 

早朝の涼しく静かな空気の中、楽しむことが出来る光景です!