日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

フィルターインボトルで楽しむ冷茶

お茶の飲み方として最も思い浮かぶことが多い方法は、急須を使いお湯で淹れる方法だと思います。

 

しかし、夏の暑い時は温かいお茶よりも冷たい飲み物の方が良いですよね!

 

夏の冷たい飲み物の代表と言えば「麦茶」ですが、水出し茶も負けず劣らず美味しいです(^^)/

今回は、水出しの冷茶について投稿したいと思います。

 

 

冷茶の作り方はいくつか…

冷茶の作り方はいくつかあります。

 

麦茶と同じように、

・不織布のパックに茶葉を入れたりやティーバッグを使用する方法。

・お湯でいったん淹れてから冷やす方法。

 

あとは、専用の容器を使用して淹れる方法があります。

 

今回紹介するのは、専用の容器を使った方法で『フィルターインボトル』というオシャレなグッズを使用します!

(ハリオ”フィルターインボトル”のサイト:https://www.hario.com/pickup_fib.html

 

 

フィルターインボトル

フィルターインボトルは、水出し茶を作ることが出来るグッズです。

水でお茶を淹れることは、低温でじっくりとお茶の成分を抽出することになり、苦味や渋味を抑えた味わいのお茶を飲むことが出来ます!

 

さらに、ワインボトル型をした容器の注ぎ口にはフィルター(茶こし)が付いています。

このフィルターにより、茶葉が出ることを防いでいるのですが、ボトル部分と注ぎ口と分けることが出来るため、手入れがとても簡単です!

 

お茶パックやティーバッグで淹れる方法と違い、ボトルの中で茶葉が自由に広がれるため、お茶の成分や味もしっかりと出ます!

 

 

ちなみに、水と茶葉を入れ、冷蔵庫で半日ほど置くと美味しい冷茶が出来ます。夜に準備すれば、翌朝には冷茶を飲むことが出来るのです。

 

茶葉は何でもOK!

深蒸しの煎茶であれば、より短時間で味が出てきますし、普通蒸し煎茶であれば1日ほど置くとよりうま味が出てきます!

 

川根上河内茶は普通蒸し製法で作られているため、半日から1日冷蔵庫の中に入れておくと、美味しいお茶が…(^^♪

 

ちなみに、冷茶を作ったら飲み始めたら半日から1日以内に飲み切ることをおススメします。

また、ほうじ茶も淹れることが出来ますし、紅茶の水出しなども可能です。

 

美味しく淹れることが出来るだけでなく、見た目もスタイリッシュで、手入れも行いやすいフィルターインボトルです(^^)/

 

 

茶葉の変化も楽しい

ボトル部分が透明なので、茶葉の変化を楽しむのも面白いです!

茶葉と水を入れた直後は、茶葉が水を吸収しつつも濃い緑色をしています。

ジワリジワリと水を吸収し、茶葉がもとに戻り始めるだけではなく、茶葉の色の変化も面白いです。

 

飲み頃になるとこんな感じです↓

揉まれた葉っぱが開き、もともとのお茶の葉っぱの形に戻ります。

 

透明なボトルなので、茶葉の変化がハッキリと分かりますね!

深蒸し煎茶であれば、細かな粉によって全体が濁ったような色合いになりますし、普通蒸し煎茶であれば澄んだ金色に…。

 

お茶だけでなく、お茶の水色や茶葉の変化も楽しむことが出来るボトルです!