日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

芽から枝へ… お茶の芽の硬化

こんばんは。

9月になって2日目ですが、相変わらず残暑が厳しいです。

 

静岡市では猛暑日一歩手前の34.9℃に…(゚д゚)!

何と、今日は日本で一番暑い日になったそうです。

 

川根町上河内地区でも、30℃を超える夏の気温となりましたが、爽やかな風が吹き、暑くても過ごしやすい1日でした。

 

山の茶畑では、より風が吹いていたので、気温も30℃ほどだったでしょう…。

まだまだ残暑は厳しくも、確実に秋らしい天気や気温になりつつあるのを肌で感じています!

 

 

芽から枝へ変化

お茶は、新芽を収穫して加工する農産物です。

とくに一番茶は、柔らかい新芽を収穫することが、品質の良いお茶づくりに直結します!

 

静岡県の方言に「みるい」という言葉があり、若い・柔らかい・弱々しい・未熟などの意味を持っています。「みる芽」という言葉も「みるい」と「芽」を組み合わせた言葉で、若くて柔らかい芽という意味を持っているのです。

 

そのため、一番茶や二番茶は、若々しい状態の芽を収穫することになります。

しかし、三番茶芽は翌年の一番茶(新茶)に向けて栄養を蓄えるために、収穫は行わずそのまま育てます(^^)/

 

すると、栄養をしっかりと作り蓄えられるだけではなく、お茶の樹も健康に育つのです。

 

 

ただし、収穫を行わないとお茶の芽はどんどんと変化していきます。

芽吹き、葉っぱが全て開くまでは、黄緑色で柔らかい状態なのですが、ずっとこのままの状態ではないのです!

この写真は三番茶芽が萌芽し、生長を始めた8月上旬頃に撮影した物ですが、いつまでもこの状態ではありません…。

 

薄く繊細な黄緑色の葉っぱは、濃い緑色でパリッとした硬い葉っぱになり、黄緑色の茎も茶色い枝へと変化していきます(^^♪

 

新芽の時は柔らかい状態ですが、次第に硬い葉っぱや茎になるため『硬化』と呼んでいる変化になります。

 

 

下から硬化

お茶の芽は、茎の付け根の方…。芽の下から硬化が始まります。

試しに大きな芽を1つ折ってみました。

 

お茶の芽の上に置いてあるので少し分かりにくいと思いますが、上の方の茎は黄緑色で、下の方が茶色く変化しているのが見えると思います。

 

芽の上の方は黄緑色の茎、黄緑色の葉っぱとなっています。

しかし、下の方は…。

茶色くなり始めています。

まだ茶色と言うよりも、タマネギを炒める時の飴色…の様な色合いですね(^^;)

 

時間の経過とともに、より枝らしい茶色になり、硬さも増していきます。まさに、芽から枝へと変化している最中なのです!

 

ちなみに、葉っぱも下の方の物から硬化が始まります。

下の葉っぱの方が、早い時期に開いたため、効果が始まるのも早いのです!

 

硬化が進むと、黄緑色だった茶畑は濃い緑色へと変化します。

季節の移り変わりとともに、日に日に変化していく茶畑を見守っていきます(^^)/