日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

肌寒く感じるほどの気温に…

こんばんは!

今日は、1日を通して空を雲が覆いましたが、ジメジメとした鬱陶しさは全くなく、肌寒く感じるほどの気温になりました。

 

最低気温は20℃まで下がり、最高気温も24℃までしか上がりませんでした…。

さらに、風が時々吹くため、体感的には涼しいを通り越して寒く感じるほどです(^^;)

 

2日前までは、半袖で作業。しかも、汗だくになることもあったのですが、今日は長袖かつ厚手の作業着を上着にしないと、寒すぎるくらいでした。

 

最近は、水出しのお茶をたくさん飲んでいましたが、こんな日は急須の温かいお茶をたくさん飲みたくなります(^^)/

 

気温の変化が大きい日が続いているため、体調管理には気を付けねばと思う、この頃です。

 

 

4月頃の茶畑と似た環境に…

9月中旬の茶畑は、4月頃の茶畑と気温などが似たような環境になります。

 

もちろん、4月は徐々に気温が上がり芽が生長している頃ですが、逆に9月は気温が下がり始め冬支度を始める頃…。お茶の樹の生長的には全く違いますが、気温がそれほど高い時期ではないため、生長はゆっくりと進んでいます。

 

芽を伸ばすスピード的には、9月の中旬と4月頃はほとんど同じくらいです。

 

また、地上部だけではなく、土の中…。根っこが盛んに伸びるという共通点もあります。特に秋の時期は、1年で一番盛んに根を伸ばす時期です。

 

お茶の樹が7月末から伸ばし始めた三番茶芽は、ほとんどが硬化しました。

茶畑も濃い緑色へと変化しています(^^♪

 

1週間から10日後には、秋のナラシ作業がスタート…。来年の一番茶へ向けた準備も、いよいよ大詰めです。

 

気温差で体調を崩してしまわないように注意しながら、頑張っていきたいと思ます!