日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

イノシシの寝床

こんばんは。

今日の川根町は、雲が主役の空模様…。時々、冷たい雨も降り、気温も1日を通して低いままでした。

 

半袖で過ごしていると、風が吹いた時に少し肌寒く感じ、今日は季節が一気に進んだように感じています(^^;)

 

昨日の日中は、汗ばむほどの気温だったため、寒暖差が少し堪えますね…。

体調管理などには、しっかりと気を付けて行きたいと思います。

 

 

草で作った寝床

今日は、雨が時々降ったため草刈りはほとんど進んでいません。

朝方に、雨が降り出す前に30分ほど作業下したのみで、雨が降りだすとともに作業を中断しました。

 

刈った草は滑りやすく、さらに雨が降り濡れることでより滑りやすくなるため、雨の日の作業は禁物です。

急斜面での作業になるため、安全第一で行っています!

 

 

最近は、草刈りを行っているのですが、なかにはこんな場所が…。

一部分だけ、草が枯れ茶色くなっています。

周囲は、青々としたススキやササが生えているため、少し異様な光景ですね。

 

もう少し寄ってみると、こんな感じです。

枯れた草は、少し積み上げられているのか、厚みがあります。

上に乗ると、少しフカフカとした状態です。

 

一体これは何かのか…?

どうしてこのようになったのか…?

 

その理由は、野生動物である「イノシシ」が原因です!

イノシシが、ススキを押し倒したり、茎をかみ切り葉っぱを敷き詰めることで、寝床を作ったためこのような状態になりました(^^)/

 

近くには、茎をかみ切られ、葉っぱが少なくなっているススキも…。

 

ものすごく強そうなイメージがあるイノシシですが、実は器用に寝床を作る性格もあるのです!

 

 

ただし、寝床を作るということは、周辺にイノシシがいるということ…。

寝床を作るだけなら問題はそれほどですが、ワラビの根っこやミミズなどを食べるために、土をほじくり返している場所もあり、それなりの影響が出てしまいます。

 

特にこれからの時期は、台風がやって来やすくなったり、秋雨前線の影響で雨が多くなる季節…。

イノシシにほじくり返された斜面は土がむき出し状態になるため、雨に弱くなってしまいます。

 

再び植物が根を張り、雨に強い斜面になるまでには少し時間がかかるため、大雨にならないように祈るのみです(>_<)