日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

秋のお祭り開催

10月も中旬から下旬に…。

 

今日は…いえ、今日”も”と言った方が正しいですね…。

今日も相変わらずの雲が主役の天気でした。時々小雨も降り、昨夜から未明にかけてはまとまった雨が降ったのか、川の水も少し増えていました。

 

台風の影響を受けた地域でも、まとまった雨になったかと思います。

さらなる被害や影響が出ないと良いのですが…(>_<)

 

あまり良い天気とは言えなかった今日は、川根町上河内地区でも秋のお祭りが開催されました!

 

 

感謝を…

上河内地区では、毎年10月の中旬に秋のお祭りが開催されます。

「お祭り」と言っても、屋台が出るわけでもなく、神輿が出るわけでもありません。お囃子などもありませんね…。

 

テレビで見るような、街中を山車が動くようなものではなく、神社で豊作の感謝を伝えるような、神様に感謝をするお祭りになります。そのため、来る人はあくまでも地域内の人のみ!

 

外部から人がやって来るようなお祭りではありません。

 

しかし、農業は自然と関係が深い産業です。

人の力のみでは植物は育たないため、自然の恵み(お日さまや雨など)にしっかり感謝をし、それらを大切に思うことは重要だと思っています。

また昔から行われてきた行事であるため、人口減少や高齢化に悩む地域ですが、出来る限り続けて行きたいですね(^^)/

 

 

くじ引き大会

神事を執り行った後は、くじ引き大会!!

屋台や神輿などが出ないひっそりとしたお祭りなので、このくじ引きが一番の目玉でしょうか…。

 

軽食を取りながらのくじ引き…。

景品の数はなかなか多く、全く当たらない…と言うことはありません!

 

普段使いの日用品から、お米やラーメンなどの食べ物…いろいろな種類の景品が出るため、なかなか盛り上がります(^^♪

 

今年は何と”一等”が当たりました(゚д゚)!

一等の内容は、色々なアタッチメントが付いたカセットコンロ。

 

他にもビールやサランラップなどが当たりました。

 

 

来年も無事にお茶が作れるように…

まだ今年中に行う茶畑の管理は残っていますが、主なものはほとんど終わり、少し余裕を持てる季節になっています。

 

12月になれば、完全に農閑期です。

 

しかし、お茶の樹自体は現在も光合成を活発に行い、翌年の春に芽を伸ばす準備をしています。

来年も良いお茶の芽が伸び、消費者の方に喜んでもらえるお茶を作れるように…。無事に過ごし、お茶を作ることが出来るように…と、今年の感謝と来年への想いを祈った、秋のお祭りでした。