日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

20日ぶりの快晴

最近は、日に日に秋が深まっているように感じます。

すでに大半の栗はすでに落ちてしまい、柿も完全に色が付いている状態です。

 

今年の秋は、気温が高い日が続いていましたが、最近は気温がグンと下がり、秋らしくなってきたように感じます。気温が高かったため、多少植物の生長にも影響があるかもしれませんね…。

 

しかし、最近の冷え込みにより、山の木々も僅かに色が変化しているように感じます(^^)/

 

完全に紅葉するのはあと1か月ほど先の事になりますが、日に日に季節が進んでいると感じるこの頃です。

 

 

久しぶりの快晴に!

今日は久しぶりに日中の天気が良かったです(^^♪

 

天気と気温を毎日記録しているのですが、日中に快晴だったのは約20日ぶりとなります!

今日までの間は、雲が主役で晴れたとしても一時的…。さらに雲の切れ間から少し日が射す程度でした。

 

そのため、1日を通して晴れたのは久しぶりですし、さらに雲も少なく快晴の天気でした。やはり、澄み渡った青空を見るとより秋らしさを感じますね!

最近の雨により、土は十分に湿っています。

そこへ、お日さまの光が当たると、温まって微かに湯気が…。

 

風はほとんどなく、虫や鳥たちの鳴き声が聞こえるだけの環境の中、少しずつ山や茶畑が日に照らされていく…。そんな光景を見るのが、楽しみの1つでもあります(^^)/

 

朝はさすがに寒いですが、お日さまの光を浴びるとポカポカと暖かくなり、これからの時期はお日さまのありがたみもより一層感じますね!

 

お茶の樹にとっても久しぶりの日の光!

お茶の樹にとっては、今の時期が一番光合成の効率が良くなる季節です。

 

たっぷりの雨。土の栄養分…。

これらを吸収するとともに、たっぷりの日の光を浴びて、活発に光合成を行っている事でしょう!

 

明日は天気が崩れる予報となっていますが、明後日からは天気が回復しそうなので、今後の天気に期待したいと思います。