日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

「立冬」 季節は冬に…

こんばんは。

11月になってから、晴れの日が続いています。本当に毎日良い天気です(^^)/

 

朝晩はずいぶん寒くなってきていますが、日中はお日さまの光を浴びているとポカポカと暖かく、心地よい陽気となっています。

空気が乾燥しているため肌や喉・鼻への影響も心配です。しかし、洗濯物などは僅かな時間でカラッと乾いてしまうため、その点も嬉しいですね。

 

気温や日の出・日の入りの時間、山の木々の色付きなど、11月に入ってからは一気に季節が進んだように感じます!

 

 

二十四節気の1つ「立冬

今日は二十四節気の1つ『立冬』です。

暦の上ではついに冬に…。北海道からは初雪の便りも続々と届いていますね。

 

また、日本各地で初霜が降りたというニュースを見ると、冬になりつつあることを実感します。

 

ただ、静岡県は冬というよりも、まだ「秋本番!」と言った感じです。

紅葉もこれからの時期が見ごろに…。最近の冷え込みにより、どんどん紅葉が進んでいます。

 

暦の上では冬となりましたが、もう少しだけ秋らしい日々は続きそうです。

 

ちなみに、11月の下旬頃になると川根地域にも霜が降り始めます。

 

 

昆虫たちも…

気温が下がり季節が冬に進むと、昆虫たちも季節に合わせて変化していきます。

 

ミツバチは、気温が一定の温度を下回ると巣箱の中でジッとするだけの生活に…。テントウムシなどは、冬眠するために壁などの僅かな隙間にやって来て、同じく冬を乗り越えるためにジッとしています。

 

そして、今年はよく見かけたカマキリも冬、そして翌年の春へ向けて準備を進めて行きますね…。

今年は、本当によくカマキリを見かけました。

 

家の庭木にも、何匹も見かけましたし、茶畑でも毎日…畑ごとに一匹は必ず見かけたほどです。

ただ、最近は少し頭数が減っているようにも感じます。

 

茶畑にいるカマキリは、上から見るととても似ている色をしています。

完全にお茶の葉っぱと同化していますね…。

きっと過ごしやすい場所なのでしょう!

 

カマキリは害虫となる蛾の成虫を食べてくれるありがたい存在です。