日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

けもの道とマダニの注意点

朝から激しい雨となった今日の天気。バケツをひっくり返したように降る時間帯もあり、川の水も増えました。

 

側溝などには、落ち葉が流れてきたことで詰まっている場所もあり、明日は側溝や道の掃除から1日をスタートさせることとなりそうです。

 

気温に関しては、意外と暖かいように感じました。

霜は11月の30日以降降りていません。少しずつ冬らしくなって欲しいものですが、もう少し秋の様な気温の日々が続きそうです。

 

 

国道級のけもの道

森や林の中に続く山道は、人が歩いたり管理しないとどんどん分かりにくくなります。

何となく道のようになっているような…そんな微かな道の名残を見つけながら、山の中を歩くのは迷いそうで怖いですね…。

 

そんな山道を歩いていると必ず見かけるのが「けもの道

動物が歩くことで出来た道になります。

 

荒々しいイメージがあるイノシシは、歩く時は意外と慎重…。ちょっとした段差や岩・枝を気にすることも多い動物です。また、日本シカやアナグマ、タヌキなどの動物も当てはまります。

ニホンカモシカは、足元の状態を気にしないとされています。

 

そのため、一度通った場所は同じ場所を通り、それが何度も繰り返されることで、まるで人の作った山道のようになるのです。

 

けもの道の写真、1枚目です。

どこが道になっているか分かるでしょうか…?

何となく、落ち葉や枝、植物などが無く、土がむき出しの部分が奥へ続いているのが分かると思います。

 

白くラインを入れると…

この白い線に挟まれた部分がけもの道となります。

 

続いて2枚目。

こちらは少し分かりにくいかもしれません。

少しスギの落ち葉や枝で道が隠れていますが、道になっている部分は少し段が付いています。

 

こちらも白いラインを入れます。

このラインに挟まれている部分がけもの道です。

 

実際の自然の中で見ると、よりハッキリと道のように見えます。ここまで、ハッキリと道に見えるのは、何度も野生動物がこの場所を歩いたからです。

 

日中にその姿を見ることは、ほとんどありません。

しかし、夜の間はこの道を動物が歩いているのでしょう…。

 

 

けもの道の注意点

けもの道の最大の注意点…それは、山道と間違えること!

けもの道を山道だと勘違いし、山の奥深くへ迷い込むこともあるようです。

 

また、子どもの目線だと、より道のように見えるため注意が必要となります。

山へ入る際は、もちろんけもの道に対して注意が必要です。

 

しかし、山間部であれば車道や川と交差するように、けもの道が作られていることも…。

 

お子さんと一緒に山へキャンプやバーベキュー、ハイキングなどなどで出掛ける際は、迷い込んだりしないように注意してください!

 

 

また、マダニなどの存在も怖いです(>_<)

日本紅斑熱などの菌を媒介している事もあるマダニ…。田舎や山間部の草むらではその姿を見かける事が多いです。

 

そして、イノシシなどの野生動物の体に絶対1匹、2匹はいるものです。野生動物の体を見ると、血を吸ってパンパンになったマダニがいるのをよく見ます。

 

そのためけもの道の周辺には、マダニのいる可能性も少し高くなっていると考えられます。

 

短パンなど肌の見える状態で入ることは、絶対にやめた方が良いでしょう!

 

マダニに噛まれたからと言って、必ず日本紅斑熱などの感染症になるわけではありません。病気を媒介しているのは、マダニの一部のみ。さらに、媒介していたとしても、必ず発病するわけでもありません。

 

ただ、噛まれた場合はその後の体調変化に気を付けた方が良いですね。

 

また、マダニに噛まれると、かなり腫れますし痛痒いような状態が長く続きます。

蚊やアブと違い、噛まれる際に痛みや痒みも感じないため、気付いた時には噛まれて数時間から1日、2日と経過している事もあり、非常に厄介です。

 

個人的に今までに5回ほど噛まれたことがありますが、本当に痒くて辛かったですね…。

 

山間部へお出かけになる際は、ご注意くださいm(_ _)m