日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

季節外れの暖かさと雨に

こんばんは。

今日は未明から午前中にかけては冷たい雨に…。お昼頃は晴れて気温が上がりましたが、夕方から再び雨という天気になりました。

 

午前中、雨が降っている時はとても寒かったのですが、日中にお日さまが出た時はポカポカと暖かかったですね!

日向に出ると、まるで春のような陽気だと感じました。

 

その一方で雨の降っている時間は寒く、雨の降り方も一時的に激しい時もありました。こちらも、まるで春や夏のような雨の降り方でしたね…。

今月は上旬にもまとまった雨が降り、平年よりも降水量が多い状況となっていると思います。

雨上がりの空はとても澄んでいて、気温も過ごしやすい温度に!

最近は雨が降っていなかったため、今日の雨はお茶の樹にとっても恵みの雨になってくれたと思います(^^)/

 

 

恵みの雨に…

静岡県の冬は、雨があまり降りません。

雨が降る日自体が少ないですし、降ったとしてもシブシブと少量の雨しか降らないのです。

 

そのため、雨が少ないことで影響が発生する可能性も高くなります。

お茶の樹にも影響が出ますし、山間部の集落では山の小さな沢から水を取り、ろ過し、生活用水として利用(簡易水道)している地区も多いです。もちろん、上河内地区でも簡易水道を整備することで水を得ています。

 

そのため、雨が長い間降らないと水量が減少…。水量が減少すれば、利用できる水も少なくなってしまうため、水不足に陥ってしまいます。

 

今までこのような事は起きてはいませんが、長期間雨が降らないと心配になるため、適度に雨が降って欲しいものです(>_<)

 

 

そして、水不足になるよりも高確率で発生するのが、お茶の樹への影響…。

冬の間に土が乾燥してしまうと、寒さに弱くなってしまったり、一番茶の収穫量が少なくなるなどの影響が出てしまいます。

 

冬の間はお茶の樹は休眠しているため、夏場と比べると必要な水の量は多くはありません。しかし、全くいらないことは無く、元気に育つためには適度な雨が欲しいのです!

 

今回の雨は、土を十分に湿らせるほど降ったため、恵みの雨となったと思います。

 

 

今後も…

今シーズンは、1週間から10日に1日程度は雨が降るような天気が続いています。

そのため、今のところ水不足に陥る心配はしなくてすみそうです(^^♪

 

今後も適度に雨が降る天気が続いてほしいと思います。