日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

幼木園に来ていたのは日本シカでした

先日、幼木園に野生動物がやって来ている気配がある…という内容でブログを投稿しました。

幼木がピンチ…! 野生動物の気配

 

その後、近くに動物などの動きを察知し自動で撮影をするカメラを設置し、どんな動物が来ているのかを確認したところ「日本シカ」がやって来ている事が判明しました!

 

以前から周辺の道路にシカのような足跡はあったので、ある程度は目星をつけていたのですが、今回の撮影でその正体が明らかになったのです。

たくさんの足跡が残っているため、かなり頻繁にやって来ていますね…。

 

そして今回の撮影できたシカの姿がこちら…。

立派な角を持っているオスの日本シカです!

少し不鮮明ですが、写真左側の奥の方にもオスの個体がもう一頭いるようです。

 

これで、幼木園の周辺に日本シカが少なくとも二頭は、頻繁にやって来ていることを知ることが出来ました(^^)/

 

対策も動物の種類に合わせて行う方が効果的です。

動物の種類を特定したり、頭数を把握しておくことは、農作物を守る時に重要なポイントとなります!

 

今回も、シカの体長に合わせた対策を行っていきます。

 

 

神の使いとも言われる日本シカ

ちなみに、日本シカは「神の使い」といわれることもありますね。

特に立派な角を持ったオスジカを見ると、神々しく感じます(^^♪

 

農作物に影響が出ているため、あまりやって来てほしくはありません。しかし、その姿には見入ってしまう不思議な力のようなものがあります!

 

ただし、オスジカの角は非常に危険でもあります。

もし見掛たとしても、絶対に近くに寄らないようにしてください。