日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の芽は夜に伸びる…?

こんばんは!

今日の川根町上河内地区は、初夏の陽気となりました(^^♪

 

最低気温は8℃でしたが日中は夏日一歩手前の24℃まで上昇…。

雨上がりという事もあり、空気はかなり澄んでいる状態でキレイな青空が広がりました。

 

ポカポカと暖かく時々吹く風も非常に心地よかったですね!

 

また、川の水がちょっと増えたことで水の流れる音がしっかりと聞こえてきましたし、春という事で様々な鳥の鳴き声も聞こえてくる…

お昼寝をしたくなるような、本当に心地が良い1日でした。

「雨上がり」×「暖かい気温」×「晴れ」

という事で、お茶の芽も大きくなりやすい条件が整っていたことと思います。

 

夜の気温に影響

『お茶の芽は夜に伸びる』

と言われています。

 

実際にタイムラプスで昨年撮影したところ日中でも多少変化はありましたが、それ以上に夜間の変化の方が大きかったですね(^^)/

 

また、お茶の芽の生長には気温が大きく影響します。

暖かければ早く大きくなりますし、気温が低いとゆっくりに…。

 

日中がどんなに暖かくても、夜の間が寒ければ生長はゆっくりになりますね。

 

お茶の芽の生育は気温に影響する…と言いましたが、特に夜の気温の影響が大きいと思います!

夜の気温が10℃を超えるようになると、スクスクと大きくなるようになりますね(^^;)

 

逆に5℃・6℃程度の気温では、生長はゆっくりに…。

今年は4月中旬になっても最低気温が6℃を下回る日が多かったので、お茶の芽は平年よりもゆっくりと生長しています!

 

しかし一昨日くらいからは、天気が崩れた事もあり最低気温が10℃間近まで上がってきました!!

 

日中の最高気温も安定して20℃前後となっているため、今後はお茶の芽の生長スピードが一段上がることでしょう…。

 

今週後半の寒さが怖い…

週間天気予報を見ると、今週後半あたりで気温が下がる予報となっていますね(^^;)

 

すでに葉を1枚・2枚と広げたお茶の芽は、この段階になると寒さや霜に対して影響を受けやすくなります。

そのため、気温がどこまで下がるのか…気になるこの頃です(>_<)

 

しかし、その寒ささえ乗り切ってくれれば、その後は多分大丈夫でしょう!

無事に収穫を迎えることが出来ると思います!!

 

冷え込みや霜はお茶の新芽にとって大敵なので、まだ数日先の天気なのに天気予報が気になって仕方ないこの頃です。