日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

シーズン始めは手摘み

おはようございます!

2020年の新茶シーズン2日目を迎えました。

 

新茶シーズンは10日から2週間適度続くのですが、今年はお茶の芽の生長もゆっくりなので、2週間近くかかるかもしれませんね…。

 

そんな新茶シーズンですが、シーズン入りしてから5日から1週間すると、お茶の芽が収穫適期となるようにしています!

現在は、収穫適期より少し早め…といった感じですね(^^;)

 

これは『みる芽』での収穫を徹底しているためです!

若くて柔らかい芽のことを『みる芽』と言うのですが、上河内地区では徹底的に品質にこだわっているので、品質の良い若い芽『みる芽』を収穫するようにしています。

 

そのため収穫量は、静岡県全体の平均を下回るようになるでしょう…。

ある程度の収穫量は欲しいですが、品質を落とすことは絶対にしたくないので、多少収穫量が少なくても『みる芽』での収穫を徹底しています(^^)/

シーズン入りした頃はまだ芽は小さめです。

現在は、手でお茶の芽を収穫する「手摘み」を行っています。

 

お茶摘みをしている光景は、初夏の茶畑ならではですね(^^;)

うるさいほどの多様な鳥の鳴き声を聞きながら…。お茶を摘むときの音を楽しみながらお茶摘みを行っています!

 

あと、3日ほどは手摘みのみの収穫となり、その後機械での収穫も始まります。

機械での収穫が始まるようになると、新茶シーズンがピークを迎えるようになりますね。