日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

今日の1枚 20/05/03

おはようございます。

今日は静かに雨が降る朝となりました。

 

お茶は、収穫する新芽が雨や露で濡れている状態では行いません。

収穫できたとしても、その後の製造で品質が落ちてしまうので、濡れている状態では決して収穫を行わないようにしているのです!

 

そのため今日の収穫は、今後の天気の動向により判断します。

雨が早く上がれば、午後くらいから収穫を始まるかもしれませんし、今日は1日休みにするかもしれません…。

 

まだ朝早い時間帯ですし雨も降っているので、「判断待ち」と言った感じですね。

 

生葉の格付け

川根町上河内地区では、お茶の栽培は各農家が行っていますが、生葉をお茶に加工するのは「共同」で行っています。

お茶を加工する「荒茶工場」の運営には、それなりにお金や労力が必要なので共同で行っているのです。

 

また、一定の品質の物を安定して供給することも重要となりますが、この点も共同で行うことで達成できます。

 

ちなみに地域内の茶畑の面積は10haもないほど…。それを15軒の農家が管理しています。

10haという面積は、平地であれば1軒の農家が管理できてしまう面積なので、組織としてはかなり小規模な方でしょう…。

 

しかし、小規模であるからこそ品質にこだわったお茶づくり、高い安全性を確保することが出来るメリットもあります!

お茶の品質や安全性を保つために肥料の使用などは統一し、農薬などの使用の規制も厳しくしていますね(^^)/

 

 

ただし、作業を行うタイミングや方法、畑の僅かな場所の違いなどにより、お茶の育ち方が変わってきます。

 

そこで、収穫した生葉の品質をチェックする『格付け』を行います。

格付けは、お茶工場に持ち込んだ生葉の一部をサンプリングし、相対的に評価していくものになります(^^♪

 

芽の大きさや色

みるさ(葉の硬さ)

手触り(パサついているか、しっとりしているかなど)

 

これらを目で観たり手触りにより判断し、ランク分けしていくのです。

 

評価の高い生葉となれば基準額より価格が上乗せされます。

逆に、評価が低めの生葉となれば基準額より価格が下げられますね…。

 

たとえたくさん収穫したとしても、評価が低めとなれば収入も減少してしまうのです。

多少量は少なくても、評価の高いお茶を収穫した方がメリットがあります!

 

 

お茶工場を共同で運営するからこそ、生葉の品質を徹底的にチェック!!

品質の良いお茶づくりのために、ある程度の緊張感としっかりと評価される『格付け』を行うことで、品質・安全性が高いお茶づくりを行っています(^^)/