日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

品種で違うジャガイモの葉っぱ

久しぶりの投稿…家庭菜園で育てているジャガイモについてです!

 

ジャガイモは比較的涼しい気候を好む作物になります。

そのため、4月下旬から5月上旬にかけてグングン生育していきますね(^^♪

 

ちなみに新茶シーズンに入る前に追肥を一度行い、株元に土を寄せる作業を行いました!

 

使用した肥料はジャガイモ専用の物。

土寄せは出来たイモが日に当たり緑色になるのを防いだり、実るジャガイモの数を多くする役割があります。

 

同じ作物なのに葉に特徴が…

ジャガイモには多様な品種があります。

有名なものと言えば「メークイン」「男爵」「きたあかり」などでしょう。

 

そして今回育てている品種は、

『インカのひとみ』と『十勝黄金』です。

 

『インカのひとみ』はイモの色に特徴がありますね。

※こちらは収穫したら投稿したいと思います。

 

また味や貯蔵性などにもそれぞれ特徴がありますが、葉っぱにも違いがあるのです(゚д゚)!

 

まずは『インカのひとみ』

こちらは、葉っぱが細長く隙間が多いような印象を受けます。

また早生品種なので、土から芽が出てくる時期やその後の生長も早いですね!

 

対する『十勝黄金』は…。

『インカのひとみ』と比べると、葉が全体的に丸みを帯びているように感じます。

 

言葉で説明をするのは難しいですが、写真で見ると僅かに違っているのが分かると思います。

同じ作物なのに品種により様々な違いがあることが、多様な品種を育てる楽しみの1つです(^^♪