日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

中切りビフォーアフター

5月は茶畑の様子が3回大きく変化します。

 

収穫前の新緑が美しい茶畑…。

収穫後の鮮やかな黄緑色の茶畑…。

そして、ナラシ(整枝)後の落ち着いた緑色の茶畑…。

 

茶畑の色のイメージは『緑』になると思いますが、時間の経過や作業を進めることで、違った雰囲気を放つようになるのです(^^)/

 

ただ、その中でちょっと異様な光景となる場所も…。

緑色の茶畑の中に、茶色くなった一角が見られるようになるのも5月頃からになります。

これは「中切り」や「深刈り」というお茶の樹を低い位置で剪定を行った事によるものです!

 

お茶の樹は葉に覆われているため緑色に見えます。

しかし、葉があるのはお茶の樹の表面から5~10㎝程度の間しかありません。

 

対して「中切り」や「深刈り」では枝を20~30㎝程度はカットするため、葉がほとんどなくなり茶色い枝が見えるようになるのです。

 

これらの作業を行うのは、

・お茶の樹の高さを低くし作業を行いやすくするため

・細く混み合った枝を充実した枝に更新するため

などの目的があります。

 

また害虫の発生を結果的に減らせる効果もありますね!

 

1か月間の間に…

「中切り」などの剪定作業を行うのは、一番茶の収穫後が一般的です。

そのため、静岡県では一番茶収穫後となる5月頃になると茶色い茶畑が目立つようになります。

上の写真は、今年の5月上旬に撮影した収穫直前の茶畑です。

品種は「おくひかり」で、植え付けから10年少々が経過しています。

 

枝が細くなり込み合ってきたことから、今年『中切り』作業を実施することにしたのですが、作業後の5月下旬にはこのような状態に…。

同じ畑を同じアングルで撮影しています!

 

中切り作業を行うだけで、ここまで茶畑の雰囲気が変化するのです(^^)/

 

中切り後の茶畑は6月下旬から7月上旬頃になると新芽が伸びて来るようになります。

夏本番を迎える頃になると、再び緑色の茶畑に変化していきますね!!

 

中切りをした翌年は芽の数が少ないのですが、1つ1つの芽が非常にしっかりとした物が育ちます(^^♪

さらに2年後・3年後になると、芽の数もある程度揃うようになり、芽の量と品質が両立した非常に良いお茶が育つようになるのです!