日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

早い場所ではすでに開葉 二番茶芽の状態

おはようございます!

6月も明日で1週間となりますが、すでに夏本番のような陽気が続いていますね…。

 

日中の最高気温は30℃を超える日が続いている一方で、最低気温は16℃前後と肌寒さを感じる事もあり、服装などの調節が難しい季節です。

 

約2週間後からは二番茶もスタートするので、お茶の樹手入れをしっかりと行いつつも、体を休めていきたいなと思っています!

 

4月30日に収穫を行った畑

現在の茶畑は、二番茶芽の萌芽が少しずつ進んでいる状態です(^^♪

茶畑も濃い緑色から黄緑色へと変化しつつありますね…。

 

しかし、一番茶シーズンの初日に収穫を行った畑では、すでに1~2枚ほど葉が開いてきています!

二番茶の芽の生育は、一番茶の収穫が起点となります。

一番茶を早く収穫した畑ほど、二番茶の芽が伸び始めるのも早くなるのです(^^)/

 

そのため、大部分の畑では萌芽中あるいは間もなく萌芽…という段階なのですが、収穫が早かった畑ではすでに葉も開き始めています。

 

4~5日で葉が1枚

二番茶の芽は4日程度で1枚開いていくとされています。

だた、上河内地区などの山間部では1日の寒暖差が大きいので、5~6日程度必要になるかもしれませんね…。

 

とは言っても、一番茶の芽が育つ時期よりは気温が高いので、一番茶と比べると芽の生育は早いです!

 

茶畑の様子も1日や2日という短時間でも大きく変化していく事になりますね。

 

二番茶は気温が高いので生育が早く進みます。

生育が早く進むという事は、芽が硬くなるのが早いということ…。

 

上河内地区では二番茶も高品質な物を作るため、徹底したミル芽での収穫を行っていく事になりますね(^^)/

収穫量も一番茶よりも少なくなります。