日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ジャガイモの葉が萎れたら要注意 『黒あざ病』について

6月も1週間が経過しました。

今週後半からは本格的に天気が崩れていきそうなので、タマネギの収穫を今日あたりから始めようと思っています。

 

まだ全ての葉が倒れたわけでは無いのですが、収穫期に雨が重なるとカビが生えやすくなり、長期間保存できなくなる恐れもあるので、ちょっと早めに収穫して乾燥させることにしました!

 

そして、6月になるとジャガイモも少しずつ収穫できるようになりますね。

土の中を掘り起こし、大きなイモがたくさん出てくると非常に嬉しくなります(^^)/

 

ただ、ジャガイモ栽培にちょっと暗雲が…。

一部の株で葉が萎れる症状が出ていたので、調べてみたところ『黒あざ病』という病気であることが分かりました。

 

この病気を見るのは初めてだったので、実際の症状も含めて投稿していきたいと思います。

 

葉が萎れたら要注意

今回

「ジャガイモが病気になったのではないか…」

と思ったのは、異様な葉の萎れ方を見たことからでした。

元気な葉に混ざって、萎れて葉が垂れています。

もし水分不足で萎れれば株全体の葉が萎れてくるはずですし、そもそもジャガイモは乾燥には比較的強い作物です。

 

そのため、水分不足ではなく原因は他にあると判断しました。

 

野菜の病気の蔓延を防ぐためには、感染した葉は直ちに取り除くことが鉄則となります。

そのため、萎れた葉を取り除いたところ、茎の部分に白いカビが生えていました…。

またこの部分が傷んでいるため、簡単に取り除くことが出来てしまいましたね…。

 

・葉の萎れた症状

・茎に生えた白カビ

という二つの症状から当てはまる病気を探したところ『黒あざ病』の症状と一致!

 

そこから『黒あざ病』が発生した…と判断しました(>_<)

 

ちなみに他の症状としては、

・地上に小さなイモが出来る

など症状が出ることがありますが、葉が異様な感じで萎れたら要注意すべきだと思います。

 

黒あざ病について…

『黒あざ病』という病気は、種イモに菌がすでに付着していたり、土の中に病原菌がいると発病することがあります。

また種イモを植えてからの生育期間中、低温で多湿な気象が続くと発病が増加されるとされていますね。

 

今年の4月は寒い日が多く雨も一時期多かった時期があったので、発病しやすい条件が整ったのだと思います。

 

そして、地面の中で病気が進行…。

茎の部分が少しずつ侵されていくため、症状が出始めてようやく病気になったことが分かりました。

 

黒あざ病が発生したら早めに収穫

黒あざ病が発生したからと言って、収穫出来ないわけではありません。

もし、この病気が発生したら直ちに収穫を行い、発病した株を取り除くようにします。

 

植え付けからある程度時間が経過していれば、イモも少しは育っているはずです。

実際に発病した株のみ少し早めに収穫したのですが、穫れたイモは小さめでしたが無事に収穫は行えました。

 

ちなみに放置しておくと、周辺の株へ感染が広がったり、イモにも症状が出てしまうため、直ちに収穫を行うのが良いですね。

 

事前の防除方法

『黒あざ病』は発病してしまうと治すことが出来ません。

そのため事前の防除が重要となります。

 

まずは病原菌が付いていない種イモを用意し、場合によっては種イモを消毒することが大切です。

また、一度発病すると土の中に病原菌がいる可能性が非常に高まるため、土の消毒(土壌消毒)を行うのも良いかもしれませんね。

 

病気が発生しやすい畑ではこれらの防除に加え、病気に強い(抵抗性)のある品種を栽培するのも良いですね。

 

ただ、出来る対策はどれも種イモを植え付ける前に行うものです。

病気の発生を抑えるには、予防的に防除を行うことが大切だと改めて実感させられました。

 

 

ちなみに、今回発病した株は全体の1割ほどでした。

ただちに収穫したので発病していない株は、今のところは元気に育っています。

 

来年はジャガイモを栽培する区画を変更しますが、種イモの消毒や土壌消毒を行う事も考えていきたいですね(^^;)