日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

夏らしい茶畑の光景をお届け…

おはようございます!

今日の川根町上河内地区も朝から快晴!グングン気温が上昇しています。

 

今日も暑くなりそうです。

熱中症には気を付けながら過ごしていきたいと思います。

 

夏の茶畑

夏の茶畑は青い空と緑色の茶畑が相まったキレイな景色を楽しむことが出来ます(^^)/

 

強い日射しを浴びるお茶の葉がキラキラと光を反射しているような感じにも見えますね!

 

 

低い位置に雲が出来ると山や茶畑にしっかりと影ができ、それがまた夏らしさを増加させているような感じもするほどです(^^)/

 

 

現在の茶畑では三番茶芽が生長していますが、三番茶芽は収穫を行わずそのまま育てていく事になります。

 

伸び始めた時は鮮やかな黄緑色をしていますが、充実するにしたがって徐々に濃い緑色の葉へと変化していきますね!

 

落ち着いた色合いになりますし充実した葉には光沢が出てくるため、現在の景色とは一変することに…。

 

ちなみに光沢が出るのは、お茶の樹がツバキ科の植物であることが関係しているでしょう!

ツバキの葉っぱは非常にツヤツヤしています。葉の表面のクチクラ層(ワックス層)が厚いことからツヤツヤして見えるのだと思います。

 

 

7月下旬から生育している三番茶芽ですが、40~50日も経過すれば完全に充実した葉に育ってしまいます。

充実した三番茶芽を育てることが2021年の一番茶(新茶)の品質や収穫量に大きく影響するため、適切に手入れをしていきたいと思います。