日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

化粧刈り終了と冷たい雨

おはようございます。

昨日はお昼前から冷たい雨が降ってきました。日中でも気温が低く部屋にいる時はコタツを常時使用していましたね(^^;)

 

また温風ヒーターも今シーズン初めて使用することになりました。

今後はより一段と秋が深まり、季節は冬へと移り変わっていくのでしょう!

 

昨日は化粧刈り作業を実施。

少し雨に降られてしまいましたが、全ての畑で無事に作業を終了することが出来ました。

 

 

刈り込み作業は終了

化粧刈り作業が終了すると今年中に行う代表的な作業はほぼ全て終了したことになります。

 

またお茶の樹を刈り込む作業はもうしませんね…。

基本的にはこのままの状態で冬を越し、一番茶(新茶)の収穫を待つことになります。

 

冬から春先の風の吹き方によっては更新園などの畑で再び化粧刈りを行うことがありますが、行うのは限られた畑のみになるためお茶の樹を刈り込む作業はこれで終わりと言っていいでしょう。

約1か月後にはお茶の樹は休眠に入ります。

 

休眠までの間は来年の春や休眠の準備をする季節…。

ナラシ作業をしたことにより来年の春に伸びる芽が少しずつ膨らんで来ている状態ですし、土を掘ってみると根っこがたくさん伸びているのも確認できます。

 

今年の冬は寒さが厳しくなりそうな予報となっているので、しっかりと寒さに耐えられる状態になって欲しいものです(>_<)

 

濃い緑色となり落ち着いた雰囲気となった茶畑は約6か月後には新芽が伸びて黄緑色になっていきます!