日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

キウイを収穫

おはようございます。

 

昨日は「KADODE OOIGAWA」が新東名の島田金谷インター付近にオープン!

大井川鐵道にも新駅「門出駅」が開業し、久しぶりにワクワクするニュースを見ることが出来ました(^^♪

 

最近は新型コロナなど何となく気が滅入るようなニュースばかりが目立っていたので、このような明るいニュースがあるだけでも嬉しいですね!

 

農産物直売所やお茶のコーナーもかなり充実しているようなので、もう少し日が経過してから行ってみようと思います(^^)/

 

 

キウイを収穫しました

茶畑のある場所の一部に小さいですがキウイが育っている場所があります。

 

お世話は冬から春に行う剪定のみで、肥料をまいたりなどは一切していません。

ほとんどほったらかしにしているので育てているとは言えない状態なのですが、毎年キウイを実らせてくれますね!

 

そして先日、実ったキウイを収穫しました。

今年は実った数は少ないものの、1つ1つの実は比較的大きめですね!

ほとんどほったらかしの状態でも、毎年実を付けてくれるため有難い存在です。

 

今年は7月の長雨、8月の高温と少雨の影響などを受けてしまうかな…

とも思っていたのですがそのような心配は必要なく、ここまでしっかりとした実を付けてくれました!

 

収穫した後はビニール袋にリンゴと一緒に入れて、追熟させてから頂いていきます(^^)/

 

 

原産地が近いキウイとお茶

お茶の原産地は中国の南部、雲南省の辺りと言われています。

そしてキウイフルーツの原産地は中国の揚子江流域と言われています。

 

実はお茶とキウイは原産地が近い特徴があるのです…。

 

原産地が近いため

「お茶の育つ環境であればキウイも育ちやすいのかな」

なんて思ったりもしますね(^^;)

 

実は生らないものの花粉を得るためには必要なオスの樹と実が生るメスの樹に分かれている面白い植物であるキウイ!

雨が多い環境でも育ちやすいため、スペースさえあれば家庭菜園などでも挑戦しやすい果樹になると思います。