日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

側溝の落ち葉掃除 詰まりの事前対策

おはようございます。

今朝はこの時期らしい冷え込みとなっています。

 

先週までは比較的暖かな日が続いていたので、再びこの時期らしい冷え込みに戻って来たかな…という印象を受けますね。

 

また風も強く吹くようになってきているため、木々の落葉が一層進んでいます。

 

落葉の時期に雨が降ると側溝を水と共に落ち葉が流れてくるため、暗渠部分などで詰まってしまい大惨事になることも…。

そこで暗渠部分よりも上にストッパーを設置して、詰まったりしないようにしています!

 

 

詰まり防止

茶畑に至る道の片側には水を排水するための側溝が設置されています。

大部分は蓋をしていない状態なのですが、道路の交差する部分や駐車スペースには蓋をしてありますね。

 

また短い距離ですが完全に地中に埋めてしまっている暗渠部分もあるのです。

 

12月が近づいてくると木々の落葉が進み、道路には落ち葉が散乱することに…。

まとまった雨が降ると水により落ち葉が流され、暗渠部分で落ち葉が詰まってしまう事がありました(-_-;)

 

詰まった状態では水が上手く流れませんし元の状態に戻すためにはなかなか大変な作業になります。

 

そこで暗渠部分の上側には落ち葉をせき止めるためのストッパーを設置しています。

このストッパーを設置してからは暗渠部分で落ち葉が詰まることは無くなり、落ち葉の掃除時代も比較的楽になりましたね。

 

ただし落葉の時期は雨が降るたびに側溝掃除をする必要はありますが…。

 

 

側溝掃除

一枚目の写真は先週の雨により流れてきた落ち葉になります。

落葉のピークとなると一回の雨だけでこれだけの落ち葉が流れてきてしまいますね(^^;)

 

もしこの状態で暗渠部分まで流れて行ってしまうと確実に詰まってしまうでしょう…。

ストッパーでせき止める事でより大変な事になるのを防いでいるのです。

 

ただし、このままの状態では道路に流れてきた水や落ち葉が散乱してしまいます。

 

雨が降るたびに…

あるいは落ち葉が溜まるごとに側溝の掃除を行い、水が流れやすい状態にしています!

 

落葉シーズンには側溝掃除を度々行うことになりますが、暗渠部分が詰まってしまいそれを直すよりかは非常に楽です(^^;)

 

これから年末ごろにかけては、雨が降るたびに側溝掃除を行っていく事になりますね。

 

 

ちなみに側溝掃除など農地の周辺の整備をするのも農作業の一種になるでしょう…。

作物を育てる作業とは直接関係ないと思われるかもしれませんが、農作物に向き合うだけが農業では無いのです。

 

作物を育てる事に注目を集める農業ですが、このような周辺の整備を行うのも仕事の一種になります。