日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

雨が降って欲しい!!

おはようございます。

最近は最高気温は15℃以下・最低気温も5℃以下になり、安定して冬らしい気温になりつつあります。

 

昨年は時々冷え込む日もありましたが暖かくなる日も多く、記録的な暖冬になった冬でしたね(^^;)

 

今年は冬らしい気温になる予報。

さらに来週からは気温が一気に下がる予報となっているため、作物の生育に影響が出ないか少し心配でもあります。

 

段々と気温が下がっていく場合であれば、寒さに対して少しずつ強くなっていく事が出来るため影響を受ける事は少ないです。

 

しかし急激に寒くなったり、暖冬傾向で1日だけ気温がガクンと下がったりすると、寒さに対応することが出来ません!

 

植物の体の中で水分が凍結してしまい幹や枝が割れてしまう被害や場合によっては枯れてしまう被害が出る事もあるのです。

 

今年は12月になってから冬らしい日が続いているため、ある程度は寒さに強い体になってくれていると思います!

 

しかし来週からの冷え込みがあまりにも厳しくなると、影響が出る可能性も高まってしまうため心配ではありますね(>_<)

 

特に何事も起きないことを願うのみです!

 

 

雨が降って欲しい

近所の人と話して必ず話題になるのが雨について…。

 

それほどに、雨が降らない日々が続いています。

 

土がカラカラに乾燥している訳ではないので、直ちに作物に影響が出る事はないでしょう…。

 

しかし、低温と乾燥が続くと干寒害という被害が発生することがあります。

 

雨が降らないと徐々に土が乾燥…。

植物が蒸散する時にも水分が必要になりますし、同時に土からも水分が蒸発していきます。

 

また土が凍結したり木の内部が凍ってしまい水分の供給が追い付かなくなる事ことで、植物体内の水分が足りなくなり枯れてしまうのです…。

 

通称「青枯れ」と言われることもあり、葉っぱが緑色のまま枯れていくので怖い症状ですね(-_-;)

そろそろ雨が降って欲しい!

出来れば、1日を通してしっかりと雨が降って欲しい…!

 

そんな思いが日に日に強くなっているこの頃です。