日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ブロワーを使用して道路を掃除

おはようございます。

今日は快晴で風もほとんど吹いていない穏やかな朝を迎えています。

 

最近は朝方に雲が広がる日も多く、朝から青空が見えると気持ちが良いですね(^^)/

 

しかし、風が吹ていない状況で晴れると放射冷却により気温がグンと下がります。

朝の空気は肌を刺すような寒さで、さらに水道水も冷え切っているため非常に冷たいです!

 

その分目が覚めますが

「部屋や布団から出たくない・・・」

そんな思いが強くなってしまいますね(^^;)

 

明日以降は冷え込みもより厳しくなる予報です。

防寒対策をしっかり行った上で過ごしていきたいと思います。

 

皆さんも体調にはお気を付けてお過ごしください。

 

 

ブロワーで掃除

エンジンなどを動力として風を送り出す機械「ブロワー

使用する機会が多く、お茶工場の大掃除の時には欠かせない機械…。

さらに茶農家としては「露払い機」として、お茶の収穫期には朝露を吹き飛ばして乾くのを早くする目的でも使用します。

霧や朝露は品質の良いお茶を作るためには欠かせない存在ですが、濡れたままの状態では収穫を行うことが出来ません。

 

濡れた状態で収穫を行うと葉の品質が悪くなるだけでなく、お茶工場で加工する時に上手く蒸すことが出来なくなるなど加工する段階でも質が悪くなってしまうのです。

 

そのため朝露などで葉が濡れている時は、完全に乾くのを待ってから収穫を行って行きますね(^^)/

 

ただ自然に乾くのを待つとそれなりに時間もかかるため、露払いを行い朝露を吹き飛ばして乾きやすくするためなのです。

 

このようにブロワーを露払いをする目的で使用することが多いお茶農家ですが、落ち葉などを吹き飛ばしたりするのが一般的な使用方法になるでしょう…。

 

最近は道路に積もった落ち葉を掃除するために、ブロワー(露払い機)を使用しています!

 

 

道路掃除

冬の始まりになると落ちた葉っぱが道路脇などに積もってしまいます。

晩秋や初冬ならではの光景で何となくその雰囲気が好きなのですが、滑りやすくて危険な状態でもあるのです。

 

また手入れをしていないようにも見えるため、ずっとこのまま放置するわけにはいきませんね!

 

そこで、積もった落ち葉を道路外へ吹き飛ばす掃除を行います(^^)/

風で簡単に吹き飛ばせるため、ブロワーを使用して行うのが便利ですね!

 

作業後はこんな感じに・・・

もともと薄暗い道路ではありますが、スッキリとした雰囲気になります。

 

まだ葉っぱが落ちてくることもありますが、ある程度溜まったらそのたびに掃除をしていく事になりますね。

 

 

露が乾くまで…

最近は寒くて外に出るのが億劫になることもあります。

また霜や朝露により茶畑が濡れていると作業も行いにくいです。

 

この時期は特に急いで行う農作業も無いため、家を出る時間を遅くして霜や朝露が乾き、ある程度暖かくなってから作業を進めることが多いですね(^^)/

 

ブロワーを使った掃除は、余裕のある時に茶畑に向かう前に時々行っています。

 

誰かに頼まれたわけでもないですし、行ったからと言ってお金がもらえる訳でもありません。

 

掃除をした方が気持ちが良いですし運転もしやすくなるので行っているだけです。