日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お日さまの有難みを感じる朝

おはようございます。

今朝も冷え込みが厳しくなっていますが、夜から朝にかけて風が吹いていたため霜も朝露も降りていない朝を迎えました。

 

昨日から冬らしい風が吹くようになり木々も大きく揺れました。

道路には落ち葉や枯れた枝が散乱している状態になりますが、冬の風物詩みたいなものですね(^^;)

 

乾いた冷たい風なので乾燥対策は必須。

さらに気温はそれほど低くなくても体温が奪われるため防寒対策も必要な季節へ…。気温だけでなく風の吹き方からも冬らしさを感じるようになりました!

 

 

早朝の茶畑

冬の早朝の茶畑は霜が降りると一面が白くなる景色を楽しむことが出来ます!

緑色だった茶畑が霜の影響により真っ白くなるため、普段とは全く違った景色を見ることが出来ますね。

 

今年に関してはまだ一面が真っ白くなるような霜は降りていないのですが、これからはその景色を楽しめるようになるのではないかと思います。

 

そして冬の朝の茶畑はお日さまの暖かさや有難さをより感じることも出来ますね(^^;)

徐々に茶畑や山に日が当たって来るのですが、日が当たっている時とそうでない時では寒さの感じ方が全く違います!

 

極端に気温が変化するわけではありませんが、日が当たるだけでずいぶんポカポカしてきますね(^^♪

 

ただ雨が降らない日が続いているため、農家としてはまとまった雨が降って欲しい所です。