日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

本格的な寒さがやって来た茶畑

おはようございます。

今日も寒さが厳しい朝を迎えている川根町上河内地区です。

 

天気は晴れで風もほとんど吹いていないため、底冷えするような寒さとなっていますね…。

 

暖房を付けて過ごしていますが、部屋が温まるまでにはそれなりの時間がかかるようです。

温風ヒーターを使用していますがエコモードにしていると部屋もより暖まりにくくずっと強で運転しているため、逆にエコモードを解除した方が灯油や電気の消費も少なくなっています(^^;)

 

まだ寒い日が続く予報となっているため、防寒対策をしっかり行った上で過ごしていきたいと思います!

 

 

冬の茶畑

昨日は気温が氷点下まで下がり、水たまりには氷が張っている様子も見られました。

ただ、夜の間に風が吹いている日が多く、一面が真っ白くなるような霜はほとんど降りていませんね。

 

上河内地区の茶畑は西側に開けている事から冬の西寄りの風が当たりやすく、今年は霜が降りにくくなっているのかもしれません。

 

ただ部分的には霜が度々降りていますね。

僅かな差ですが少し窪んだ部分は冷気が溜まりやすいため、より霜が降りやすくなる傾向があります。

 

同じ茶畑でも、ほんの少しの地形の違いで霜が降りる部分とそうでない部分が生まれますね。

 

また霜ではなく露が降りて、朝方に凍結したような物も見られました。

一見葉が濡れているだけのようにも見えますが、透明なのは水ではなく氷です。

白い霜が付いているのではなく氷が葉の表面に付いているため、一旦夜露が降りたあと寒さにより水分が凍ったのだと思います。

 

ただ、これからの時期は茶畑一面が真っ白くなるような霜が降りる日も増えていくでしょう。

 

冬は始まったばかりですが、茶畑にも本格的な冬が訪れているこの頃になります!