日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

新たな年を迎える準備 年末恒例「餅つき」を実施

おはようございます。

 

今日は朝から静かに雨が降る空模様となっています。

一時的に雨音も聞こえてきて、久しぶりのまとまった雨にとても嬉しくなりました(^^♪

 

ただ雨音が聞こえるほどの雨となったのは十数分程度…。その後は静かに雨が降り続いています。

 

約1か月半ぶりの雨なので本当に有り難いです!!

お茶の木を含めた作物の生育にも影響しますし、生活用水は沢の水をろ過して使用する「簡易水道」形式で得ているため雨が降らないと生活用水も不足する可能性があります…。

 

雨が降らない影響は直ちに生活や産業に影響してしまうのです。

 

本音を言えばもっとたっぷりと降って欲しいですが、しばらくの間雨が降らなかったのでこれで安心して年越しすることが出来ると思います(^^;)

 

 

餅つき実施

昨日は年末恒例の「餅つき」を行いました。

お供えする餅やお雑煮にして食べる餅を作る年越しするための一番の準備になりますね。

 

使用したもち米は全部で15キロ。

薪を使用してもち米を蒸して、杵と臼でついていくのです。

お米を蒸す時には薪を使用するので、お昼近くになって来ると餅つきよりも何かを焼いて食べたりするのがメインになってきますね(^^;)

昨日は家庭菜園で育てたサツマイモやねぎま、鶏肉などを焼いて頂きました。

 

気温が低かったり風が強いと辛いのですが、昨日は冷え込みも風も穏やかな1日だったので過ごしやすく快適でしたね。

 

 

2020年も今日を含めて4日となりました。

まだ2020年も数日残っていますが、今年も無事に年始を迎える準備が行えたことに感謝あるのみです。