日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

比較的暖かな気温と通り雨

おはようございます。

 

昨日、そして今日は霜ではなく露が降りています。

朝晩の冷え込みも比較的穏やかになっているため、霜ではなく露として降りているのでしょう!

 

昨日は日中も暖かく車で移動する際は暖房要らずでしたね(^^;)

 

一時期冷え込みが厳しくなり、今回暖かさが増してきています!

そのため、梅の開花などが今後進んでいきそうな感じもあるこの頃の陽気です。

 

有難い通り雨

昨日は比較的暖かな1日となりました。

 

ただ、お昼頃からお昼過ぎにかけて一時的に雨が降りました!

時間にして数分程度のザッーと降る雨を数回繰り返したような感じです。

 

雨量的に言えばまだまだ物足りないですが、雨が少ない日が続いているので少しの雨でも有難く感じます(^^)/

 

 

特に2月以降の雨はお茶の木の生育にとっても非常に重要です!

 

2月頃になると少しずつ気温や地温が上がり始め、お茶の木が休眠から目覚める準備を始めます。

休眠から覚め始めると、お茶の木はまず根っこを伸ばすなど地下部の生育を始める特徴がありますね。

 

土から影響分や水分をしっかりと吸収することで、春から始まる本格的な生長に備えるのです。

そして3月以降になると新芽の生育も進んでいきますね!

 

新芽が伸び始める季節中に雨が少なくなると新芽の伸びなどにも影響…。

雨がどのように降るかが生育に大きく影響してしまいます。

 

昨年は春の時期に雨が少なく、収穫量が県全体的に下がったというニュースもありましたね。

 

多少の乾燥であれば生育に影響が出ないように土づくりには力を入れています。

ただ水は自然任せ、雨任せにしているため、適度に雨が降って欲しいものです!