日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

親指の幅ほど生長!

昨日は天気がよく気温も上昇。

日曜日の雨により湿度も高い状態だったので蒸し暑さを感じる1日でした。

 

そして、風に吹かれて山桜の花びらがブワッと散るひと時も(^^♪

美しい光景ですが、桜の季節から若葉の季節へと移り変わりつつあることを実感しています。

 

 

おはようございます。

全国的に黄砂の影響が出ているこの頃ですが、川根でも景色が普段より霞んでいます。

 

霞や靄は春ならではの光景になりますが、やはり澄んだ空気の方が心地いいですね♪

 

新緑の頃になれば、遠くまでハッキリと景色が見える空気が澄んだ日が増えるような印象があるため、季節が進んでほしいと思うこの頃になります。

 

 

そして今日は3月の月末。

明日からはついに4月が始まりますが、この頃の暖かさの影響を受けてお茶の芽が順調に生長しています!

 

 

親指の幅ほどあるお茶の芽

お茶の萌芽が少しずつ進んでいますが、今年は適度な雨が降ってくれている事もあり充実した芽が育ってくれていますね!

 

そんな萌芽直前の充実した芽がこちら。

親指の幅ほどの大きさがあります。

 

お茶の芽は1cmを超えたくらいから萌芽が始まるとされているので、この芽ももう間もなく萌芽するでしょう。

 

また、この芽の中には育つ際に開く葉っぱがすでに作られています!

大きさ的にかなり充実した芽に育ってくれていると思います(^^)/

 

 

前年の7月に浅刈り作業を行うところから始まった2021年のお茶づくり。

夏の間に充実した枝葉が育つように手入れを行い、秋には新芽が育つ土台を完成させ、肥料を施すなどしてお茶の木を育ててきました。

 

その成果がもう間もなく形として現れる事になるため、緊張感もありますが嬉しさや楽しみの方が大きいですね!

 

 

今週から来週前半頃にかけて萌芽が進んでいく事になると思いますが、良い芽が育ってくれているため今後の生育にも期待したいと思います\(^o^)/