日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

適度な雨がお茶の生育に品質にも重要!

目覚めた時からシトシトと静かに雨が降っています。

今日は荒れた天気になる予報なので、室内で事務作業を主に進めて行きたいと思います。

 

おはようございます。

土日そして昨日は良い天気でしたが、今日は再び雨が降る天気となっています。

日曜日までは肌寒さを感じる時間帯がありましたが、昨日は初夏の頃のような暖かさ(暑さ)に…。

 

一時的な冷え込みにより一旦お茶の芽の生育がストップしたように感じますが、今後は暖かな日が続きそうなので順調に生長してくれることでしょう!!

 

適度な雨が重要

今月は1週間のうちに1回程度は雨が降る日がありますね。

土日に雨が降る日が多かったですが、農家としては適度に雨が降ってくれている事に嬉しくなります(^^)/

 

雨の降る回数や降水量は、お茶の生育や品質を左右する事もある重要なものなのです!

 

 

例えば雨が多く降ればお茶の芽は大きく育つ傾向があります。

収穫量(重さ)も大幅に増えてくれますね。

 

ただし水分量が多いので水っぽさがありますし、水分を沢山飛ばす必要があるため加工に時間が必要になる事もあります。

 

 

逆に雨が少なければお茶の芽は小さく育つ傾向があります。

この場合は収穫量が大きく減少することが多いです。

 

芽が小さいので品質が良いように感じるかもしれませんが、土から水分や栄養分をしっかりと吸収できず葉にも潤いが無いため、パサパサした葉っぱに育ってしまいますね。

 

品質の良いお茶の葉は僅かに粘り気を感じるため、パサつきがあるのはあまり良くありません。

 

※水はサラサラしているのに対し、砂糖や塩が混ぜられると粘つくようになるイメージ。葉の中に栄養分が蓄えられていると粘り気が出てくると思います。

 

 

雨が少ないか・多いかで言えば、少し多いくらいの方が良いかなと思います!

 

昨年と一昨年は雨が少ない傾向だったのに対して、今年は適度に雨が降ってくれているため良いお茶が育ってくれそうです(^^♪