日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

一番茶収穫後の畑も美しい

おはようございます。

二番茶へ向けた作業2日目となりました。

 

たくさんの作業を短期間に行う必要があり仕事が充実する期間となりますが、焦っても良いことは無いので1つ1つ行いたいと思います。

 

まずは

お茶の木と木の間の枝葉をカットする「裾刈り

収穫で失われた栄養分の補給を目的とした「施肥

この2つから実施しています。

最近の茶畑は一番茶の収穫を終えた姿。

 

芽は伸びていませんが収穫時に残した葉っぱがお茶の木の表面を覆うように開いているため、とても鮮やかな茶畑を楽しむことが出来る季節でもあります。

 

収穫時に残した葉っぱや茎が充実すると二番茶の芽の生育がスタート!

 

約30日後くらいから再び芽が伸びてきた茶畑を楽しむことが出来るようになります\(^o^)/