日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

黄緑色の茶畑は見納めに

こんばんは。

上河内地区は今日も秋らしい良い天気となりました。ここまで良い天気が続くのは久しぶりになりますね。やはり晴れてくれると心地いいです(^^♪

 

しかし、夕方からは灰色の雲が広がってきました。

直撃はしなさそうな予報になりましたが、明日からは台風の影響が出てきそうなので注意して過ごしたいと思います。

 

見納め

ナラシ作業が進むにつれて黄緑色の四番茶芽が刈り落とされ、茶畑は濃い緑色へと変化していきます。

 

今後は気温が低下していくため、今年中にお茶の木が新たに芽を伸ばすことはありません。

つまり黄緑色の茶畑はこの時期で見納めとなるのです。

f:id:ochagurashi:20210928193722j:plain

f:id:ochagurashi:20210928194242j:plain

再び茶畑が黄緑色になるのは来年の春(一番茶シーズン)

約6か月半もの時間が必要になります。

 

半年ほどの時間がかかるので、ずいぶん長い間芽を伸ばさないことになりますね。

 

次に芽を伸ばすのは一番茶シーズンであり、今までお世話をしてきた結果が出る時です。

その時を心待ちにしながら、丁寧なナラシ作業を進めております。