日々お茶暮らし

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

一気に進む季節

おはようございます。

昨日は1日を通して曇り空。

日中の気温も18℃までしか上がりませんでした。

 

寒くなる事を覚悟していましたが、それでも「寒い」とつくづく思いましたね。

 

個人的な話になりますが、冬の温風ヒーターの設定温度は16~18℃に設定。室温が18~20℃程度になるようにしているので、真冬の室温と同じくらいの気温まで下がるようになりましたね(^^;)

 

18℃なのは最高気温なので、もちろん最低気温はさらに下がっています。

 

先週までは汗ばむ日もありましたが、もう長袖なしでは過ごせません。

 

そして今朝も寒い(>_<)

雨が降っている事もあり、体感的にも精神的にも寒さを感じる1日となりそうです。

 

霜が降りる季節も間もなく

この頃の茶畑はきつい朝露に濡れています。

 

朝露自体は真夏でも降りているのですが、春から初夏そして秋はその程度が違いますね。

f:id:ochagurashi:20211018171023j:plain

きつい朝露で目に見えて水滴がたっぷりと付いているのが分かります。

カッパなしで歩くとすぐに服がビショビショに濡れてしまいますね。

 

そして冬になり気温がさらに下がると朝”露”ではなく霜が降りるようになります。

 

特に風が穏やかで晴れた夜の朝方にきつい霜がおりますね。

f:id:ochagurashi:20211018171414j:plain

きつい霜が降りると緑色の茶畑が白色に見える事もあるほどです。

 

11月になるといつ霜が降りてもいいような天候になります。

もう間もなくより一段と寒さ厳しい日がやって来ることになりますね。