日々お茶暮らし

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

冬到来 そして試しで敷き草開始

おはようございます。

最低気温は5℃を下回るようになり霜が降りるような朝になりましたね。

 

しかし、風が吹いているため霜は降りていません。もちろん朝露もです。

霜は晴れて気温が下がり風が穏やかな状態で降りるため、風が吹いているおかけで霜が降りずに済んでいるのだと思います。

 

ちなみに日中の方が風が強いです。昨日は風が強く気温も低い『冬』な1日となりました。

日中の最高気温も10℃と、最高気温一けた台の季節へ変わっていく事を実感させる数字でしたね。

f:id:ochagurashi:20211124190201j:plain

また気温だけでなく風の吹き方も冬らしさを感じるものに。

こちらの写真は一昨日23日に撮影したものですが、強い風により24日の午前中にはほとんど葉が落ちてしまいました。

 

道路には落ち葉が再び散乱するようになりましたし、枯れた枝も落ちてきているのも目にしますね。

落ち葉の上は滑りやすいので、運転などにも注意せねば…。

 

敷き草開始

試しに小区画の茶草場から草を集め敷く作業を行いましたが、風が強く気温も低かったため体を動かしていても堪えましたね。

f:id:ochagurashi:20211124185729j:plain

午前中は北側の空から雲が流れてくる事が多く、白い塊がちらちら舞ってくることもあったほどです。

 

今週末から一段と寒さが厳しくなる予報も出ていますが、昨日の気温や風の吹き方から本格的な冬が到来したと言って良いと思います(^^;)

 

茶畑は西側に開けているので冬は強い風が!

とにかく寒いですし、乾燥もしているためくちびるが切れやすくなってしまいます。

 

乾燥や風に対応しつつ作業を進めたいところです。