日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

柿の木とお茶の木

こんばんは。

今日はお昼前から雨が降り出し、弱くなることはあっても今現在まで降り続いています。

 

前回は短時間に強い雨が降りましたが、今回はそこそこの強さの雨が続いていますね。この降り方であれば土は十分に湿るでしょうし、川の水も増加あるいは維持されると思います。

 

来週は少し気温が下がりそうな予報が出ていますが、今回の雨で土も十分に湿るでしょうし植物の生育も一段進むのではないかと思います。

 

柿の木とお茶の木

こちらの植物はお茶の木と関係があります。

f:id:ochagurashi:20220318192114j:plain

すでにブログのタイトルなどで分かると思いますが、この植物の名前は柿の木。その芽になります。

 

柿の木はお茶の木と同じ頃に芽が動き始めるため、萌芽やその後の生育の参考になることがあるのです。

 

ちなみに玉露碾茶(抹茶の原料)を作る際には一定期間お茶の木に覆いをするのですが、その判断を柿の木の生育具合からすることもあるようですね。

 

もちろんお茶の木を観察して判断をするのが基本ですが、他の植物の生育も参考になるので面白いです。