日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

静岡のご当地ネタ 遅霜予報編

日本全国、各都道府県ごとに

その地域ならではの特徴があると思います。

(ご当地ネタとして)

 

例えば、静岡県の特徴

”静岡あるある”ですが

・意味がよく分からない「コンコルド」のCM

・はんぺんと言えば「黒はんぺん」

など…

ご当地ネタがたくさんあります。

 

”静岡あるある”で検索したときに

共感できるネタがたくさん出てきたときは

とても驚き、思わず笑ったりもしました(^^ゞ

 

今回は、あまり一般的ではないですが

確かに静岡県ならではの”もの”

を投稿したいと思います。

 

茶産地であるため

静岡と言えば『お茶』

そのような印象を持っている方は

とてもたくさんいらっしゃると思います。

 

ちょうど今の季節から5月頃まで

茶産地「静岡」ならではの

あるあるネタが1つあります。

 

それは「NHK静岡」の天気予報で行われる

『遅霜(おそじも)予報』です!!

 

遅霜予報は

茶畑の写真がバックになった画面で

中部・西部・東部など

霜が降りる地域の予報と

主な茶産地の最低気温の

2つの情報から構成されています。

 

『遅霜』とは名前の通り

遅い時期に降りる霜の事、

気温が上がり暖かくなってから

降りる霜のことを示しています。

 

そして、この『遅霜』の予報をしているのは

静岡地方気象台だけで、

他の地域では行われていません。

 

そのため天気予報の1つとして『遅霜予報』が

放送されるのは静岡県のみとなるのです。

 

では、なぜ静岡で『遅霜予報』が

行われているかというと・・・

静岡=茶産地であるからです!

 

お茶はこれからの季節に

芽を少しずつ伸ばしていきます。

県内によってばらつきはありますが

4月の中下旬には一番茶(新茶)が

始まるという地域もあります。

 

ただ一番茶の収穫に向けての間で

一番心配するのが『霜』の影響です。

 

これから収穫シーズンへ向けて伸びてゆく芽が

霜により凍ってしまうと・・・

最悪、芽がダメになってしまい

収穫できなくなってしまう!!

という辛いことになってしまうのです。

 

たった一晩、たった数時間の間で

収穫できるはずだったお茶の芽が

全滅してしまう事もあるため

これからの季節の霜(遅霜)を

特に気にしています。

 

(この霜を防ぐために行っていることは

次の機会に投稿したいと思っています)

 

お茶の産地「静岡」

そしてお茶は霜の影響が大きい

これらの理由から静岡県では

『遅霜予報』というものが行われているのです。