日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている農家のブログです

春の肥料まき 1回目を開始しました

こんばんは。

一月の終わりごろは比較的晴れている事が多かったですが、今週は少し雲が目立つ空模様となっています。今日も朝から夕方まで明るいくもり空…と言った感じであり、空模様だけで見れば梅雨のように思ってしまいました。

ただ、曇っている事により朝の冷え込みは穏やかになりました。久しぶりに0℃を上回りましたね。また雲が出ている時は風も穏やかな事が多く、外作業を行いやすい1日となってくれました。

 

晴れてくれた方が気分的には良いですが、肥料まきは風があると細かいのが舞ってしまい大変。という事で、風が穏やかな方が有難かったりしますね。

 

春の肥料まき

今日からいよいよ春の管理作業開始。

先日春の肥料まき一回目で使用する肥料を届けてもらい、本日から肥料まきを開始しました。

秋の肥料まきそして春の肥料まき1回目と2回目では、菜種粕などを主体とした配合肥料を使用。肥料分の補給になりますが含まれる成分量はそこまで多くないため、どちらかと言うと”土づくり”の意味合いが強いかなと思います。

数か月では無く、1年や2年という長期的な生育を支えるための作業になるのです。

お茶の場合、本来であれば光合成を行い生育を支える器官を収穫で奪ってしまう事になります。また果実(果物、トマトやナスのような実の野菜)のように食べられることを前提とした部位でもないため、畑外へ栄養分が持ち出される傾向にあると言えるでしょう。

 

そのため、適度な範囲で肥料を施す事は必要かと思っています。

生産性を高めるため…と言うよりも「頂いた分を返す」というイメージです。

 

秋や春の肥料まきは、各肥料まきの中でも基礎的な部分。そのため土づくりと肥料などの施肥管理の分野では最も重視するものになりますし、丁寧に取り組む事を心掛けています。

細かいカヤは家庭菜園で使用することに

こんばんは。今日は二月の始まりですが、気温上昇の気配を感じた一日となりました。と言うのも、朝の冷え込みは相変わらず厳しかったものの日中の最高気温は久しぶりに10℃を超えたからです。

また明日も気温が上がりそうな予報となっているため、寒さのピークは越えてしまったのかなと言う感覚になっています。

 

もちろん、寒波がやって来て冷え込むことはあるでしょうが、先週のような事にはならないのではないかと楽観視しております。

季節が冬から春へと徐々に変わっていく月になりますが、果たしてどのような天候になるのか楽しみでもあり、極端なものにならないかと不安にもなります。

 

細かいカヤを回収

刈ったカヤの大半は茶畑に敷いてしまいましたが、細かいものは集めるのが大変なので余裕がある時に回収を行い家庭菜園に使う予定でいます。

使用する袋は、お茶の収穫時に使う収容袋!破れたりして使えなくなった物を利用しています。

細かくなってしまったカヤしか残っていないので、その場で拾って袋に入れるような集め方でなければ面倒。お茶の収容袋であれば軽くて持ち運びがしやすいですし、中身もたっぷりと入ります。何より、何か道具を新に用意する必要がないので、カヤ集めには最適な袋です!

 

ただカヤなので大分カサがあります。袋にたっぷりと入れたところ、このような状態となりました。

中身の入った収容袋を軽トラの荷台に載せている光景は見慣れているはずですが、お茶であればここまで一つの袋に入れる事はないため違和感を覚える光景となりましたね。

 

なお、もし仮にこの中身がお茶であれば、芽の状態(みる芽なのか硬葉なのか)にもよりますが40~50㎏は確実にあるかと思います。その程度の膨らみになるのです。

集めたカヤは適宜家庭菜園の畑の方にも入れて、夏野菜を育てる準備を整えて行きたいと思います。

敷き草作業

こんばんは。

今日の朝は地味に冷え込みが厳しくなった川根町上河内地区です。先週の寒波襲来の時は−4℃ほどでしたが、今日の温度計を見ると-5℃。軒先で測定しているので誤差は当然あると思いますが、若干冷え込みが厳しくなったのかなと思います。

 

ただ、明日からは2月が始まります。そして二十四節気の1つ「立春」もやって来て、季節は春へと向かい動き始めますね。

まだ気温は低い状態が続くと思いますが、梅の蕾が膨らんできたり水仙の芽が出てきたり、春らしさを感じる光景も増えるのではないかと思っています。果たして今年はどのような春になるのか、今からワクワクしている一月最終日です。

 

敷き草

投稿が遅くなりましたが、一月中に敷き草作業を無事に終える事が出来ました。

昨シーズンまでは有機物の供給が少ない幼木園に集中して入れていましたが、今シーズンからは成園に入れるようになりました!

ただ、秋冬番茶を収穫せずに刈り落としたり二番茶後に浅刈りをするため、有機物として供給するお茶の枝葉の量はなかなか多いです。また、一番茶後に一部の畑で行う深刈り作業ではより大量の枝葉を刈り落とす事になるため、全ての畑に敷き草を行う訳ではありません。

まあ、茶草場の面積的に草の量も限られていますしね…。

 

ただし、あえて敷き草を行わないようにする畑があるのも事実です。有機物の使用にも適度な量というのがあります。大量に補給したのでは植物の生育や土の状態を悪くすることもあるため、ただ補給すればよいというものではないのです。

 

今年は青い状態で…

うちでは9月上中旬にススキを刈り、その場で乾燥させて晩秋から冬にかけて畑に入れて行きます。ただ、年々生息頭数が増えているシカの影響もあり、利用できる草の量が減ってきてしまっていますね。

乾燥していない状態であることを考慮しても、刈った時点と比べると半分以下に減ってしまっています。これはシカなどに食われてしまったり、上を歩くことで細かく砕けてしまったためだと思います。

 

そこで今年は刈った草をすぐに茶畑に敷いていくような方法を取ってみたいと思います。これであれば刈った草を最大限利用することが出来るようになります。

やり方を変える事でどのような違いが出るのかは全く分かりません。だからこそ試してみたいですね!

 

ただしこの時期は作業が立て込む時でもあります。他の作業が遅れてしまうのは避けたいので、あくまで余裕をもって取り組める範囲に止め試験的に行うつもりです。

一年で何か違いが出てくるようなものでもないので、最低でも三年できれば五年ほどは継続して行いたいと思います。

茶草場の復元と存続を目指して

こんばんは。

相変わらず寒い日が続いている川根町上河内地区です。今日は風が強かったため体感的により寒さを感じましたね。ただ、昨日までと比べると若干気温が上がっているのか、少し暖かいように感じる時間帯もありました(あくまでも昨日までと比べてですが)

 

そして気付けば一月は明日で最終日。ついに二月が始まろうとしています。二月は四週間しかありませんし、余計に時間の流れが速く感じそうですね。

 

なお二月になればお茶の管理作業も本格的に始まります。ただ、今年は肥料の運搬が少し遅れ気味。まだ到着していないので、配布され次第春の肥料まき一回目を始める事になりそうです。

 

茶草場の管理

最近は草取りと茶草場の管理を主に行っていました。

特に今年力を入れたいのが茶草場の復元になります。と言うのも、近年生息頭数が増えているニホンジカなどの影響により茶草場が荒らされて崩れたり、一部の植物はシカに食われて減少し逆に食べない植物が増えるなどしてきています。

敷き草として利用したいススキも少し減ってしまいましたね。写真の場所も以前はもう少しススキの株があったのですがぽっかりと空いてしまい、昨年ススキの株を受け付けた所です。

 

そこで茶草場の崩れてしまったところの復元を目的に、二年ほど前から杭を打ちススキの苗を植えるなどしていますが、今年はより力を入れたいと思います。

 

植え付け方法も変更。今までは掘り起こしたススキを分けて植えていたのですが、昨年夏以降は1~2カ月ほどポットで育ててから植えるようにしました。こちらの方が活着が良いのか枯れずに残ってくれています。

今も12株ほどススキをポットで管理しているところです。今は寒く植え付けには向かないので、暖かくなったら行うつもりでいます。

 

何年も草刈りをしてススキの株を育ててきているので元の状態になるまでにはかなりの時間が必要になりますが、茶草場と言う環境を維持していけるように頑張っていきたいですね。

※寒さや乾燥から守るために、昨年植え付けた株の周りにも敷き草を行いました。根の張りが不十分だったり、生育がワラビ(シカはほとんど食べず増殖、柔らかすぎてしまい敷き草としては利用できない)に負けてしまったりすることもあるので、ある程度大きくなるまでにはたまに手入れをしてあげる必要がありますね。

測量実施

こんばんは。

昨日までと比べると最低気温も最高気温も若干高くなりましたが、まだまだ寒さが堪える川根町上河内地区です。先日の雪も場所によってはまだ残ったまま。シカの足跡が残っていたので、昨日か一昨日の夜に歩いたのでしょうね。

日中の最高気温から考えると融けてもおかしくはないと思うのですが、日陰である事や地面も冷えている事でなかなか融けないのだと思います。

このように標高の高い場所や日陰などではまだ雪が残っていたり、路面が凍結している可能性があるため、温暖な静岡県と言えど山間部にお出かけの際は十分に注意していただきたいと思います。

 

光波測量機で測量を実施

今日は茶畑の測量を行いました。目的は防霜ファンの電気代を適切に割るためです。

昨年の夏でお茶づくりを止めた方がいるのですが、その畑を他の二軒の方が管理するようになりました。今までは一軒で管理していたので問題なかったのですが、それを二軒で分ける形となったため面積を割り出す必要があるのです。

 

と言うのも防霜ファンの電気代は面積に応じて負担する分が決まるので、畑の面積が分からなければ適切に割ることが出来ません。適当な数値では不公平が生まれる可能性も高いですしね。

なお我が家が管理している畑は、全て光波測量機を利用して測量してあります。

畑の区画をしっかりと把握することで、肥料をまく量を適切に調節することが出来ています。また面積当たりの収穫量を把握することも出来るので、畑ごとのお茶の木の状態を記録するのにも役立つかなと思います。

 

なお使用している光波測量機は父が借りてきた物。建設会社に勤めているため、有難いことに道具を貸してもらう時があるのです。さすがに個人が購入できるような値段ではありませんしレンタルするとしても値が張ります。

 

今ではGPSを利用して測量する事も出来ますし、電波が入る場所ではスマホで面積の測定する事も可能なので畑を把握する手段が増えていますね。

※今後ゆとりがある日にスマホで測量をして違いがあるかどうかを確認したいと思います。

雪と霜で白い茶畑に

こんばんは。

今回の寒気流入により、ここ数日間冷え込みが厳しくなっています。最低気温は手元の温度計で-4℃。軒先での測定なので、実際はもう少し低くなっていると思います。

 

そして昨日は1年に一回あるかないかの南岸低気圧による雪が降りました。住宅がある部分では積もる事がありませんでしたが、標高の高い場所では薄っすらと積もりましたね。

また融けた雪の影響により橋の上や水溜まり、日陰の部分を中心に前回以上に路面が凍結。今シーズン初の塩カルの出番でした。

写真は車のフロントガラスなのですが、昨日の雪で濡れている状態で冷え込んだのでカチカチの状態です。本日はこの車を運転する事は無かったのですが、デフロスターで溶かすのにどれくらいの時間が必要になるのかなと思ってしまいました。

 

そして気になる茶畑は、霜と雪により白色に!

昨日茶畑の様子を見に行った時は茶樹上への積雪はほどんど確認できなかったのですが、その後僅かに積もったようですね。また霜もきついのが降りているため、白く見えるのは雪だけでなく霜の影響もあるでしょう。

茶畑らしさが一切ない色合いとなっています。

 

なお、この状態は長くは続きませんでした。

日中もそこそこ気温が低かったのですがしっかりと日差しが届いたため、日が当たった部分から溶け始め9時を過ぎた頃には大部分で普段の茶畑に戻りましたね。

白い茶畑も雰囲気があって好きなのですが、雪が積もりすぎれば枝が折れる可能性が高まりますし、葉を痛めたり病気発生の要因になることもあるので要注意です。

 

今回の雪は南岸低気圧によるもの。

私の短い個人的な印象になりますが、南岸低気圧による雪は日中に降ることが多いような気がします。そのため降っても融けるスピードが早かったりするのですが、夜に降った場合はそこそこ積もりそうですね。

雪化粧

こんばんは。

今日は朝から曇り空であり一日を通してこんな天気かな…と思っていましたが、お昼前から雪が降り出しました。今ではすでに止んでいますが、前回の時の雪と違い南岸低気圧による雪だったので本格的な降り方となりましたね。

降り始めの雪がすぐに融けたこともあり、人家の周り(標高300mほど)では積もる事はありませんでした。しかし、地面がしっかり濡れている状態で夜を迎えるため、翌朝の路面凍結の可能性は前回以上に高まっていると思います。

 

また標高により雪の影響が違うのでこの点も要注意。

人家のある標高300m付近では積もることなく融けましたが、400m付近からは木々が雪化粧し始めました。そして500mを超えてくると雪が道路に積もったり、木々への着雪の様子がよりはっきりしてきますね。

上の写真は標高500m付近の山林。標高差200mですが完全に別世界です。

 

なお、雪が積もりすぎるとお茶の木の枝が折れる被害が発生する事があるのですが、今回はそこまで積もる事はありませんでした。

と言うよりも、他の植物や地面には雪が積もっていても、お茶の木にはなかなか積もらず融けてくれましたね。

南岸低気圧による雪の時はしっかりと降るため、気温や寒気の状態によっては一気に積もってくる事もあります。ただ、年に一回あるかないかなので、雪への対応に関してはどうしても慣れないですね。

 

今日は雪の降る中、標高600m以上の林道へ行く用事があったのですが、無事に言って帰ってくる事ができ良かったです。