日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている農家のブログです

原木シイタケへのネット被せと伐採したコナラの現在

こんばんは。

週末にかけて暖かくなる予報が出ている今週ですが、本日の朝は霜が降りるくらいまで気温が下がりました。昨日は午後を中心に強い風が吹いていましたが、夜の間に止んだか弱まったのでしょう。放射冷却なども発生し冷え込んだのだと思われます。

気温は高めで推移すると思っていたのでこの寒さには少し有難さも感じます。この時期らしい寒さに当たることで、これから気温が上がった時に勘違いする可能性が低くなってくれると有難いです。

 

原木シイタケへネット被せ

山林で管理している原木シイタケのほだ木。

ただ、発生したシイタケはニホンジカカモシカに喰われてしまいます。それを防止するためにネットを張り周囲を囲んでいるのですが、ネットを飛び越えたり潜って入ってくるのか食害を回避することは出来ていません。

 

高さは2m以上、地際はめくれないように打ち込んだり重しを載せたり。そしてネットがかみ切られることが無いように針金入りの物を利用するなどすればもっと被害を低減できるかと思いますが、ここまでやるのはなかなか難しいです。

 

ただ、だからと言って何もしないと食害により収穫を行うことが出来なくなってしまいます。そこで上記のネット張りは出来ない代わりに、ほだ木に直接ネットを被せることにしました。

今年の春にキノコが発生した時はネットを被せた所は食害が減っていたので、それを参考にした形になります。

ただしネットをめくるようにして食っていた痕跡がありましたし、ネットから飛び出る形で出てきたキノコに関しても食われてしまいましたね。そのため被害を0にすることはこれでも難しいですが、少しでも収穫量が増えてくれると有難いです。

 

なお、今ではこのようにネットなどを利用しないと食害により収穫することが出来ませんが、ほんの10年ほど前まではネットを使っていなくても十分収穫が出来ていました。つまり、それほどシカなどがいなかったことになります。

それほど長くない間に、生息域が大きく拡大し生息頭数も大幅に増えている事になるのです。

 

コナラの今

シイタケのほだ木として利用しているのは主にコナラの木。2年ほど前には何本かまた新たに伐採しほだ木として新たに利用を始めているところです(来年の春くらいから本格的に収穫できる予定)

 

そして伐採した木からはひこばえが伸び再びコナラの木も再生し始めております。

ochagurashi.com

伸び始めの時は上の記事くらいの芽でしたが、現在では下の写真程度にはなりました。

やはりシカの食害をこちらも受けているため生育には少なからず支障が出ています。もう少し上への伸びがあっても良いのですが限定的であり、芽の先端を喰われてしまう事により枝数がかなり増えてぐちゃぐちゃっとした姿となっていますね。

そして中には伸びて来た芽をすべて食われてしまい、完全に枯れこんでしまった株も少し見受けられました。

 

しかし大半の株は上の写真のようにある程度は芽が伸びてきているので、極端な食害を受けない限り今後の生育も大丈夫かと思っています。10年少々の時間が経過すれば、それなりの大きさにまで育ってくれることでしょう。

そしてある程度育ったら再び伐採して利用していきます。何回も繰り返すため株によっては上の写真のようにたこ足状態になることもあるほどです。自然と人の営みによって作り出されていく光景になりますね。

若干暖かい日々

こんばんは。

昨日は一日を通して暖かくなりましたが、本日も気温の数字的には昨日と同じくらいの暖かさとなりました。ただし、今日は風が強かったです。そのため体感的には昨日よりも寒くなったように感じましたね。

 

日曜日くらいにかけてはさらに気温が上がりそうな予報が出ているため結構過ごしやすくなりそうですが、気温が上がるとなると若干心配なこともあります。

 

一旦気温が下がり再び気温が上がることで心配になるのは、植物が春が来たと勘違いをし活動を始めることです。よくあるのが桜の花が咲くことなどですね。

気温以外にも影響を与えるものはありますが、やはり気温の寄与度が最も大きいと思います。以前の似たような状況の時はアジサイの花が咲いたこともあるほどです。

ただ、チャノキに関しては大丈夫かなと思っています。すでに霜も当たっていますし、気温が上がると言っても芽がぐんぐん伸びるような気温にまでは至らない予報なので…。しかし、気温が高い日が続いてしまえば分かりません。休眠が浅い状態であれば芽の活動が始まってしまう可能性も〇ではないですね。

 

屋外であるため気温のコントロールは出来ません。暖かな日が続かないことを願うのみです。

改植作業開始

こんばんは。

昨日までは寒さ厳しい日となっていましたが今日はやや暖かい一日となりました。そして週末にかけては少なくとも暖かい状態が続くので、過ごしやすくはなるかなと思っています。

ただ冬は寒いのが当たり前ですし、ある程度寒い方が植物などにとっても利点があったりするので、気温上昇もほどほどのものであってほしいです。

 

改植作業

この頃は多様な作業を行っています。

その中で今シーズン最も大きなものとなるのは改植作業になるでしょうか。縁あって茶園を借りることが出来たので、その畑で改植を行うため現在伐根および整地作業を行っているところです。

チャの場合、長期間にわたって栽培を続けるため、植え替え作業はめったに行いません。我が家の場合も前回改植作業を行ったのは4~5年ほど前、さらにその前となると10年くらい遡る事になりますね。

なお今回の改植は木の高齢化によるものではなく、品種の変更を予定していることによるものです。こちらの畑でとある取り組みを行う予定であるため、その下準備的な工程になりますね(その取り組みに関してはまた改めて投稿したいと思います)

まずは植えられているチャノキの伐根を進め畑の形を整えます。ここまではパワーショベルを利用していきますが、その後は土に埋もれた枝や根っこを掘り返したり…。それらは手作業になるためなかなか時間がかかりますね。

 

他にも行いたい作業や所用もあったりするので、ボチボチ進めていくことになりそうです。

連日の霜 そして初氷も

こんばんは。

12月になってからこの時期らしい寒さの日が続いています。霜も連日降りていますが、本日は今シーズン初の氷の存在を確認できました。

もしかしたら氷が張っていた日もあったかもしれませんが、とりあえず今日が初氷という事にしたいと思います。また、今日の最低気温は手元の温度計で-1℃。氷点下となったのも今日が初めてになります。0℃まで下がったことは何日かありましたがそれ以下になることは無く、ちょうど0℃が寒さの壁になっているような印象を受けていたところです。

チャノキにもしっかりと霜が降りています。

霜が降りるくらいの気温であるため、チャノキの生育は完全にストップしたことでしょう。

 

暖冬傾向であると急激な寒さがやってきた時にその変化に対応できず、様々な生育障害が発生することがあります。その一方で、少しずつ寒くなれば厳しい寒さがやって来ても耐えることが可能です。

暖冬の予報が出ている今冬ですが、この頃の寒さは平年並み程度のものであると思います。耐寒性を高めるきっかけの一つとなってほしいものです。

 

ただ、今週後半にかけては季節外れの暖かさになる予報が出ています。最高気温が20℃越えとなるとかなり暖かいです。

一旦寒くなってから暖かくなるので中には勘違いする植物も出てくるのではないかと少し心配しています。ただ、いくら心配しても天候によるものなのでどうしようもありませんが。

 

連日霜が降りているこの頃。白く見えるほどの霜が降りたり氷が張るようになると本格的な冬がやってきたなという感覚になります。

秋から冬へ

こんばんは。

今日も寒い一日となった川根町上河内地区です。風は少し穏やかになったように思いますが、冷え込みはこの時期らしいものとなっています。霜も2日連続で降りましたね。

冷え込みが進んだことや風が強かったこともあり、いつの間にか木の落葉が進んでいます。紅葉シーズンも終わりへ向かいつつあるかなと思いますね。

 

季節は本格的な冬へ移り変わりつつあるように思うこの頃です。

原木ナメコの伏せ込みとちょっぴり初収穫

こんばんは。

ついに12月が始まり年末感も一層強まってきましたね。うかうかしているとあっと言う間に時間が過ぎてしまうため一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

なお昨日のブログでは「朝冷え込みそう」という内容を書きましたがその通りになりました。確認できる範囲ではありますが今シーズン二度目の霜が降りましたし、気温も結構下がりましたね。

ただ降りた霜はそこまできついものではありませんでしたし、氷が張るような温度でもありません。冷え込んだと言っても、冬本番の冷え込みと比べるとまだまだですね。

 

12月になったことで今後は本格的に冬へと季節が進むでしょう。暖冬傾向の予報が出ていますが、それでも冷え込む時は冷え込むでしょうし季節がら寒くもあります。

インフルエンザなども流行していますし、体調にはお気をつけてお過ごしください。

 

原木ナメコ

今年の春、玉切りした桜の木に植菌したナメコ。原木シイタケを置いてある場所に仮伏せしてありましたが、今回収穫が出来るような状態にする本格的な伏せ込みを行いました。

と言っても何か特別なことをしたわけではなく、積み上げて管理していた原木を一つ一つ少し間をあけて置きなおしただけです。

ochagurashi.com

ochagurashi.com

当時の植菌作業および玉切り作業は上の記事になります。もしよろしければご覧ください。

 

伏せ込み作業を今回行おうと思った理由は、作業をしても良い時期であることもありますが、少量ですがナメコが発生してきていたことが主です。

ちなみに原木栽培でナメコが本格的に発生するのは植菌作業から二夏過ぎた頃からとされています。つまり来年の秋以降という事になりますね(秋から初冬にかけて発生する傾向にあります)

あくまでも”本格的な発生”に二夏ほどの時間がかかるので、状況によっては初年度から出てくることもあるのです。

上の写真のナメコは奇麗な形で育ってきています。が、原木は積み上げた状態で管理していたため中にはつぶれてしまった物や大きくなれなかった物も…。もう少し早い段階で伏せ込み方を変えていればもっと収穫出来ていたなと少し反省です。

原木栽培のナメコは一般的に販売されているナメコの姿と比べるとずいぶん違うのが分かると思います。見た目からして完全な別物ですね。

そして味わいも違ってきます。カサがちゃんと開くくらい大きくなってから収穫した原木のナメコは実に美味しいです。

 

今回少量ですが収穫することが出来たので、ナメコの菌が木にしっかりと回ることが出来たと思われます。来年からは収穫量が増えていくでしょうし今後が楽しみです。

冬の草取り

こんばんは。

今日も相変わらず風が強い一日となりました。そして今日は風が強いだけでなく気温も低下したため、気温が低いことによる寒さだけでなく風により体温を奪われる感覚もあり結構寒かったです。

無意識に普段より一枚多く服を着ておりましたが、それでも寒さを感じたので気温の変化が大きかったのでしょう。

 

その一方で、夜間風が吹いていたり若干雲が広がってくれることにより朝の冷え込みはやや穏やかです。風が弱く晴れている日の方が放射冷却により冷え込んでしまう傾向にあるため、風が吹いていたことが冷え込みを穏やかにしてくれたと言えます。

ただし今夜は風が弱まる予報が出ているため、明朝は冷え込みが厳しくなるのではないかと思っています。現時点でも屋外ではそれなりに寒さを感じるため、天候次第では霜も降りそうです。

なお風が強いこの頃ですが、朝の比較的早い時間帯は風も穏やかであり静かなひと時を楽しめます。木々の色付きも進んでいるので、景色を見るなど少しゆっくりするには良いですね。

多少気温が上がったとしても日中は強い風が吹くので地味に体に堪えます。

 

今日は天気が良かったこと、風が強く空気もやや乾燥していることから草取りを実施。根っこが乾いて枯れやすくなるので、空気の乾燥も強い風も味方となるのです。

 

夏草はこの頃の冷え込みにより枯れてしまいましたが、今そしてこれからは冬草が少し伸びてきます。種も短い間に出来てしまうため、繁茂しすぎないように取り除いていきます。シカを呼び寄せる一因になっている可能性もあるので、この点からも取り除いた方が良いでしょう(シカ対策としてはほぼ効果が無いと思いますが)

 

これからの季節は大きな作業は無いため数日かけて何か作業を行うこともほぼ無く、日ごとに違う作業を行っていくことになるのです。