日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている農家のブログです

元お茶工場の屋根塗り

今日は朝から曇り空。お昼頃からは霧雨が降る事もあり、ジメジメした天気となっています。そして明日と明後日も雨が降りやすい予報が出ているため、少なくともあと2日ほどは我慢の時間となりそうです。

ただし、雨が過ぎれば天気は回復。気温は一気に下がり冬らしさが増しそうな予報が出ているため、寒暖差や体調管理には気を付けて過ごしたいと思います。

 

なお急激に気温が低下するという事で、裂傷型凍害(幹割れ)の発生が気になります。これは気温が急激に低下することで幹内部の水分が凍結・膨張、幹が割れてしまい水分供給の道が途切れ枯れてしまう現象です。

段々と気温が低下すれば寒さに対応できるのですが、急激に寒くなると水分が凍結してしまう事があるのです。

 

そこまで発生頻度が高い現象では無いのでリスクとしてはやや低めではありますが、冬の初めの頃の急激な気温低下が予想されている時は少し気になりますね。

 

話は変わりますが、今後ある程度晴れの日が続き草が乾いてきたら敷き草作業を始めて行きたいと思っています。

 

屋根塗り

11月の中旬頃からですが1週間に2日程度、1日辺り2時間ほどではありますが、元お茶工場の屋根(トタン)のペンキ塗りを行っています。

昨年の今頃に錆止めの下地を塗る作業を行いましたが、その上に塗装する作業はずいぶん遅くなってしまいました。今月になってようやくの作業開始です。

もともと春から秋にかけてはお茶などの作業があるのもありますし、屋根の上で気温が上がりやすく作業が行いにくいため避けていました。ただし、今の時期から冬にかけても支障はあります。

 

朝露や霜の影響で午前中は屋根が濡れている状態。滑りやすいので作業を行う事は出来ません。さらに乾くのを待つとしても立地が谷底なのでお昼前にならないと日が当たり始めません。お昼を過ぎてようやく作業を開始できるようになるのです。

ただ夕暮れも早く午後3時半になると山の陰に太陽が隠れてしまうため、ある程度乾く時間を確保して作業を終えたいところ。結果として1日2時間程度しか作業が行えず、なかなか作業が進まないのです。

 

今後はさらに太陽の位置が低くなるため、屋根が乾くまでに時間がかかります。1日中日が当たらない場所もあるため、2~3年ほどかけて作業を進めて行く事になりそうです。

ただ、焦るような気持ちは一切ありません。屋根の上に登っての作業となるので安全第一で、ゆっくりでも確実に作業を進めて行きたいと思います。

迫りくる霧の壁

こんばんは。

ついこの間11月になったばかりだと思っていましたが、もう今月も残り僅かとなってきましたね。2022年も残り少なくなってきたので、今年中にやっておきたい事はしっかり済ませたいです。

 

ちなみに本日はサッカーワールドカップの日本戦。という事で、いつもよりやや早い時間帯に投稿しテレビでの観戦に集中しようと思っています。

 

迫りくる霧の壁

11月下旬は雨が降る日や雲が空を覆う日が多いです。今日も一応は晴れに分類される天気になると思いますが、空を見上げるとやはり雲が多くなっています。日が遮られる時間も多く、明るくても直接日差しが届く様な時間は少なくなっています。

 

そして湿度がやや高めな天候が影響し、上河内地区では連日霧が発生しています。この間の霧はまるで壁が迫ってくるような印象を受けました。

霧が迫って来る前まではかなり静かな状態。しかし、霧に包まれる瞬間にフワッと弱い風が吹きその後はまた静かになります。

この日の霧は非常に濃く、20m先になるともう霞んで見えなくなるような状態でした。対向車の接近が分かりにくいので、いつもより慎重に運転しなければなりませんね。

 

まるで霧の壁が迫ってくるような感覚になり、どこか異世界へ連れてかれそうだと思った霧の発生でした。

ほぼ ほったらかし状態 キウイフルーツの収穫

こんばんは。

今日は朝方を中心に雨が降りましたが、お昼前からはどんよりとした曇り空となりました。昨日も青空が見える時もありましたが雲が目立つ空であり、カラッとした晴れにはなっていないですね。

秋から冬へ、季節が移り変わろうとしている時なので、雲や雨となる日が多いのでしょうか。完全に冬になると乾燥した晴れの日が続くため、雨や曇りがちな日が続くのはこれからの天候を考えると良いかもしれないと思ってしまいますね。

 

キウイの収穫

茶畑のすぐ近く、少し雑木が生えている一角にキウイフルーツが植えられています。いつ植えられたのか、何故植えたのかなどはよく分かりませんが、ほぼ毎年実を付けてくれています(^^)/

 

手入れは冬から春に1~2時間ほどかけて剪定を行うのみ。そのため、ほぼほったらかし状態であると言っていいでしょう。

スーパーで販売されている物と比べるとやや小ぶりですが、自宅で消費する分には申し分ないでしょう。ただ今年の実はカメムシか何かに吸汁されたのか、実の表面に跡がある物が目立ちました。まあ、こちらも問題ないためちゃんと食べる事が出来ます。

 

ただし、キウイフルーツは収穫してすぐには食べる事が出来ません。追熟させる必要があるため、実際に食べるまでにはもう少し時間が必要ですね。

この点が露地でも育てる事が出来るポイントになっています。もし樹上で美味しくなってしまえば野生動物に簡単に食べられてしまうため、収穫する事は出来ないでしょう。他の果樹になりますが、ネットを張り育てていたブドウは熟し始める頃には全て食われてしまったほどです。まだまだ緑色の状態で紫色にほとんど変化していなかったですね。

 

今回収穫したキウイは、その一部をリンゴと共にビニール袋に入れて追熟させているところです。

 

ちなみにキウイフルーツの原産地は中国の揚子江流域とされています。そしてお茶の木も中国の雲南省の辺りが原産だとされています。どちらも原産地が違いエリアであるため、気候的な条件としては育てやすいかなと思っています。

約5か月後の茶畑は…

こんばんは。

昨日はたっぷりと雨が降ったので良く晴れてくれるかと思いましたが、雲が多めの空模様となりました。地面などはまだまだ濡れている所が多く、落ち葉が散乱している場所は水分と落ち葉の影響によりかなり滑りやすい状態となっています。

明日は晴れる予報となっているため地面は多少乾いてくれると思いますが、バイクや自転車を運転することがある方は特に注意していただきたいと思います。

 

なお昨日の雨はそれなりにまとまった雨量となりましたが、葉を散らす影響は少なかったと思います。紅葉が早く始まった山間部では自然と落葉が進む時期になっていますが、やや気温が高い街から山間部へ至る道では今が見頃となっていますね。

 

秋は山から街へと降り始め、山は少しずつ冬の雰囲気が強まっていく事でしょう。

 

5カ月後には…

現在の茶畑は濃い緑色。茶畑周辺の木々も常緑樹は緑が深くなり、落葉樹は紅葉が進んだり落葉が進んでいる状態となっています。

なお今は濃い緑色をしている茶畑ですが、もう少し寒さが厳しくなるとやや葉っぱが黄色っぽくなります。内部の方の葉っぱは鮮やかな緑色をしているのですが、表面の葉っぱは寒さに対応したことによるものなのか、若干ではありますが色の変化が見られますね。

 

しかしながら、そんな茶畑も約5カ月が経過すると…

このように新緑が眩しい状態になります。約5か月後の茶畑が上の写真のようになるのです。同じ場所ではありますが、季節が違うだけで受ける印象は全く違ったものとなっていますね。

 

まだまだ先は長いですが、この時期を迎えるのが非常に待ち遠しいです!

霧の朝 ~雲海編~

こんばんは。今日は朝から雨が断続的に降っています。前回降った時は日曜日でしたが、その時よりも雨音は大きく降り方として確実に強いものになっていると思います。

台風15号による大雨被害が発生してから2か月が経過したことになりますが、まだ道路の所々は泥で汚れているため、今日の雨で泥の水たまりが至る所に出来ていました。車などはどうしても水を跳ね上げて走行するため、今日の雨で汚れてしまった物も多そうです。

 

なお今日の雨はそこそこまとまった雨量になると思います。川の水も減る一方でしたが若干増加している様子も見られ、土を十分に湿らせるものになったでしょう。これからの時期、そして生物にとっては恵みの雨となってくれました。

 

雲海編

昨日は濃い霧に包まれた茶畑の様子を投稿しましたが、今回は雲海になった時の様子です。

真冬以外は霧が発生する事があり、特に春や初夏・秋は濃い霧が発生することが多いです。その中でも秋は雲海になることが多いですね。

霧に包まれてしまう時の方が多いのですが、まれに谷底の方に霧が集中し山の高い所は晴れている…という事があります。気象条件によるのでしょうが、とりあえず雨が降ってから2~3日後までで風がとても穏やかだったり無風の時に発生することが多いように思います。

上空の雲が無ければよりキレイに見えたと思いますが、雲海になることは少ないので贅沢は言えませんね。撮影時刻は朝の7時半頃、西側斜面で雲が出ていることもあり若干薄暗いです。日が出てきてしまうと霧の状態が大きく変化してしまうため、貴重なひと時になったと思います。

 

私事ですが実はこの雲海が発生する前の日にスマホを落として画面を割ってしまっていました。まだまだ支障なく使える物だったので自分の不注意で壊してしまった事に落ち込んでいましたが、その次の日には良いものを見ることができ気持ちを切り替える事が出来ましたね。

霧が出ている光景はよく目にしますが、雲海はたまにしか見れないため久しぶりに気分を上げる光景を見る事が出来ました。

 

霧の朝 ~濃い霧からの青空~

こんばんは。

昨日そして今日は霧が発生した事もあり、冷え込みは比較的穏やかになっています。日中はこの時期らしい気温だと思いますが、朝の冷え込みが穏やかなので過ごしやすくて有難いですね。

 

明日も雨の予報が出ているため冷え込みはそこまで厳しくならないと思いますが、いざ晴れて放射冷却が発生、冷え込みが厳しくなると体に堪えそうです。

 

霧の朝

昨日そして今日はどちらも濃い霧が発生していましたが、それぞれ見える景色は違っていました。今回は昨日21日の霧の様子を投稿したいと思います。

 

21日は朝方まで雨が降り続きましたが、朝の遅い時間帯には完全に止み濃い霧が発生しました。

非常に濃い霧で辺りが包まれていました。

しかし風が僅かに吹いていたことで霧が流れている様子が分かりましたし、お昼頃には霧が晴れどんどん青空が出てきました。

 

上の写真を撮った約10分後にはこの状態。

本当に短時間で濃い霧が晴れてしまいました。ちなみにこの間に少し山の木々に覆われた所へ入っていたため一気に晴れていく様子は見れませんでしたが、山に入る前は濃い霧が発生していたのに出てきた時にはすっかり晴れていたためその変化の速さに驚きましたね。

 

冬になると気温が低い事や空気が乾燥している事が影響し霧の発生は少なくなりますが、木々の葉が落ちるちょうど今頃の季節は雨が降ると濃い霧が発生することが多くなります。ただ霧が発生するだけであれば春や初夏も当てはまりますが、この時期は雲海が出る事も多くなるので面白い季節ですね。

次回は濃い霧に包まれた状態とは少し違った霧の様子を投稿したいと思います。

防霜ファンの影かと思った踏みつけ跡

昨日の雨は紅葉した葉を落としてしまう様なものになるのではないかと思っていましたが、そこまで強く降ることはありませんでした。風が若干強いように感じましたが、雨の前後で極端に落葉が進んだようには思えませんね。

雨で落ちてしまったというよりも、もう落ちる寸前の葉っぱやもう間もなく落ちそうな物が自然と落ちたのではないかと思います。

 

ただし、水曜日には再び雨になる予報が出ていますし、その後も雨が降る予報が度々出ています。今後は一気に冬へと季節が向かっていくのではないかと思います。

 

防霜ファンの影かと…

今日は雨で落葉が進んでいるかと思ったので、側溝の掃除などを主に行うつもりでいました。が、落葉が思ったよりも進まなかった事から、側溝が落ち葉で詰まってしまったような箇所は少なかったですね。

もう少し季節が進むと雨が降るたびに側溝のストッパーに落ち葉が堆積するような状態となるため、道路の掃除が欠かせなくなります。

 

そのため、道路や側溝の掃除はすぐに終わってしまい、今日もシカなどの動物に踏み荒らされた箇所の手直しを行いました。

こちらの畑でも踏みつけがありましたが、踏まれた跡が真っ直ぐであったため遠目で見ていた時は防霜ファンの影だと思っていました。

写真は近付いて撮ったので影では無い事は簡単に分かりますが、朝など太陽の位置が低い時間帯では黒い影が直線的に伸びているように見えたため防霜ファンの影だと思ってしまいましたね。

ただ冷静になると影が伸びる方法とは違いますし、見回りですぐに踏みつけの跡だと分かりました。

 

とは言え、こちらの畑はそこそこ樹高があるため、踏みつけた歩いた時に枝葉がお腹に当たっているのは確実だと思います。

歩きにくい場所だと思うので、直線的に踏み荒らしてあるのには少し驚きましたね。

 

この場所では折れた枝が非常に少なかったので、手直し後の状態は結構キレイになりました。葉も残っている量が多く一安心ですね。

しかしながら春までこのような被害が出る可能性が高いですし、今後は踏みつけるだけでなく食害も出始める事でしょう。お茶の木を守る活動はこれからが本格化しそうです。