日々お茶暮らし

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

沢よりも側溝や雨後の道路で見かけるサワガニさん

12月になったばかりかと思えばもう5日経過。

3週間後にはクリスマスですし、4週間で2022年に突入することを考えると今年も残り少なくなってきましたね。

 

水道水の温度も一段と低くなり、手を洗うだけでもキンキンに冷えます。また日の出の時間も遅いので朝早く起きるのがキツイですね。

 

しかし、この寒さや冷たさをもたらす冬は決して嫌いではありません。冬には冬の楽しみがあるので、それらを味わいつつ過ごしたいと思います。

 

個人的な話を…

ここ数年川で遊ぶことをしなくなってしまいましたが、幼い頃は魚を獲ったり泳いだりすることが多かったです。

ただ夏場でも冷たく、入っていると体が凍えてしまうため入らなくなってしまいましたね。

 

アマゴやハヤ(アブラハヤなど)カジカ、イシガメなどの生き物が住んでいます。

 

アユは遡上してくる年とそうでない年があります。

※アユが遡上する時期に水の流れが大井川と直接繋がっていないと登れないため、雨が少ない年は途中で瀬切れてしまい登れない年もあるのです。

 

そして山間部の川を代表するような生き物「サワガニ」ももちろんいます(^^)/

今回はサワガニについての話です。

 

サワガニ

サワガニは沢という名前が付いている通り、大きな流れの川よりも浅く穏やかに流れている沢で見かける事が多い生き物だと思います。

 

実際に川でサワガニを捕まえようとするときは、深い場所よりも水があまり流れていない場所で石をひっくり返すと良く出てきました。

(深い場所にももちろんいますが…)

 

また沢のような場所だけでなく、側溝などでもよく見かけますね。

特に水が絶えず流れているような側溝で、ブロックの隙間や石などに隠れている姿をみます。

 

側溝掃除を行う時は必ずと言っていいほどサワガニが出てくるほどです。

f:id:ochagurashi:20211204083329j:plain

雨が降った後であれば道路を歩いている姿も頻繁に見ます。

 

近くに沢などが無い場所でも歩いていますね。

遠くから歩いてくるのか、山林のような場所でも生息できるのか…。

 

こちらは茶畑近くの側溝を掃除している時に見かけたサワガニですが、側溝に溜まった落ち葉から出てきました。

 

沢と名前が付いていますが沢以外の場所でも頻繁に見ることがあるサワガニ。

決して珍しい生き物では無いですが、その生態が非常に興味深くもあります。

養蜂を始める方へ 巣箱を置くなら見回りと管理を! 

ここ数年ミツバチを飼おうとする人が増えているのか、道沿いにミツバチ用の巣箱が設置されているのをよく見るようになりました。

 

ただ、置いてあるのは道の壁の上。

半分壊れたようになっている物もありますし、以前道路に落下していたこともあるので設置するのはやめて欲しいです。

 

またうちの土地にも無断で設置されている物が確認しているだけで5個あります。

撤去をしてもらえるように張り紙もしていますが一切変化なし。すでに一年近くの時間が経過しています。

 

たぶん設置しているだけで見回りしていないのでしょう。

本気でミツバチを飼いたいのであれば、見回りをする必要がありますし巣箱の掃除なども必要です。

 

ミツバチが住んでいなくても巣箱をキレイにしていないと住み着いてくれません。

逆にミツバチが住みついていると彼らが自分たちである程度掃除をするため、住み着いていない時こそ掃除をすべきですね!

f:id:ochagurashi:20211203200902j:plain

そして無断設置されている巣箱の中にはこのようになっている物も…。もう巣箱としての価値はありません。ただのゴミですね。

 

正直言えば処分したいのですが、処分してしまうと私が罪に問われることもあるとのこと…。うちの土地であっても処分することが出来ないのは辛い所です。

 

原木シイタケを栽培する場所として利用したくもあるので少し移動させることも考えています。

 

最後に

ミツバチを飼うために巣箱を設置したのであれば見回りと管理をするべきですし、そもそも無断で巣箱を設置するのはやめてほしいものです。

養蜂を始める方も増えつつありますが、このようなトラブルも増加している事と思います。

 

ただし、私はミツバチを飼うこと自体に反対している訳ではありません。

あくまでも無断で巣箱を設置していることに憤りを感じているのです。事前に声をかけてくれればOKしますし、ミツバチが来やすい場所もお教えします。

 

ちなみに趣味であっても、ミツバチを飼育するために巣箱を設置する場合は『養蜂届』を提出する必要があります。

これは法律でしっかりと決められている事ですし違反すると罰則もあります。

 

養蜂を始めるのであれば、ルールと人としてのマナーを守って始めて欲しいものです。

スカッと晴れるこの頃

こんばんは。

相変わらず寒い日が続いている川根地域です。

 

木々の落葉も一気に進んでいますね。

今では枝が直に見える木も目立つようになりました。

 

その一方で、少し遅れて紅葉している木は最も鮮やかに色付いている状態です。

この頃はしっかりと冷え込んでいるため、より鮮やかに色付いているのでしょう。早い時期から紅葉する木よりも、少し遅れて紅葉する木の方が鮮やかになりやすい様に感じます。

 

そしてお茶づくりに関しては、今日も敷き草作業を進めました(^^)/

f:id:ochagurashi:20211203190705j:plain

敷き草作業は残り四分の一程度でしょうか。

最も広い茶草場からは利用できる草を全て集めきることが出来たので、残っているのは小規模な茶草場が少しある程度です。

 

ただし最も斜面の角度がきつい場所なので、足を滑らせないようにしながら作業をする必要がありますね(^^;)

 

敷き草として利用しているのは主にススキ(カヤ)

見た目もつるつるしていますし、上に乗ると思っている以上に滑ります。

 

草を集めている時に毎年1回程度は滑ってしまう事があるので、受け身をしっかり取れる必要もあるかもしれませんね。

 

土の状態がより良くなるように…。

そしてお茶の木が元気に育ち、良いお茶が作れるように残りも頑張っていきたいと思います。

草集め中

一昨日の雨により草が濡れてしまったので、昨日は敷き草作業はいったん中断。側溝や道路の掃除を行いました。

 

そして今日から敷き草作業再スタート!

1日経過すればある程度乾いてくるので、草も軽くなりますし服も濡れずに済みます。

f:id:ochagurashi:20211202200506j:plain

ただ今日行ったのは、地面に広がった状態の草を同じ場所にいったん集める事のみ。

 

草を集め軽トラに載せ運搬。そして畑に敷いていく事が流れなのですが、軽トラから距離がある場合は何往復もしないといけません。

 

斜面を何度も歩くのはそこそこ大変なので、距離がある場合は一旦同じ場所に集めるようにしています。

f:id:ochagurashi:20211202201540j:plain

集めるとそこそこの山になりますね(^^;)

 

見た目的には柔らかそうに感じるかもしれません。しかし、実物はそれなりの硬さがあります。

作業をしていると気付かないうちに擦り傷を作っていることもありますね。

 

特に茎の部分は体に刺さりそうなくらいの硬さがあるの物も…。

斜面で滑って刺さってしまわないか怖くなる事もあるほどです。

 

ゆっくり分解

主に使用する草はススキ(カヤ)になります。

ススキは比較的硬めの有機物なので分解されるのもゆっくりだとされています。

 

実際に1年前に敷き草を行った場所でも、ススキの茎の部分が少し残っている事もあるほどです。

ただし、葉っぱの部分は柔らかいので半年程度で分解されてしまいます(^^)/

 

敷き草として活躍できるうちは、土の乾燥を防いだり寒さから根っこを守ってくれる効果などがあります。

 

分解されてからは腐植となり豊かな土に…!

養水分をしっかりと蓄える事に一役買ってくれるのです。

紅葉している木々と南国感のあるバナナ

昨夜は思っていたよりも激しい雨に。

雷の音で夜中に目覚めてしまい、朝はガッツリと寝坊してしまいました(^^;)

 

川の水も増えていましたし、道路には枯れた葉っぱや枝が散乱。まるで台風が過ぎ去った後様な感じですね。

 

台風で思い返しましたが、今年も台風の影響はありませんでした。

昨年は台風自体が上陸していなかったと思いますし、今年に関しては近くを通っても雨風はそれほど強くありませんでしたね。

 

有難いことですが、これに決して慣れないようにしたいと思います。

 

バナナの話

川の近くの土地に何故だかバナナが植えられています。

幼い頃からあったのでもう20年以上は経過しているでしょう。ここだけ南国感を感じます!

f:id:ochagurashi:20211130080837j:plain

奥にある緑色の葉の植物がバナナ。

手前側の木はカエデですね。大きな葉が特徴で、幼い頃は傘代わりにして遊んだこともありました。

 

バナナは”木”ではなく”草”に分類される植物ですが、その大きさから草だと言われても少し受け入れにくいですね(^^;)

 

何十年も前から植えられているバナナですが、ずっと緑色の葉を見せてくれるわけではありません。やはり気温が足りないため、冬になると枯れてしまいます。

 

ちょうど霜が降り始めた11月下旬頃から徐々に茶色く枯れ始め、春になると再び緑色の葉を茂らせます。

この点は多年草である「ススキ」などと同じですね。

f:id:ochagurashi:20211130080625j:plain

一応バナナの実も出来ています。

が…、露地ですとこの大きさが限界で完全に熟すことはないでしょう。

 

さらに大きく育ち熟すようになったら、作物の1つとして本格的に育ててみるのも面白いかもしれませんね。

ボチボチ進める敷き草作業

おはようございます。

今日で11月終わり明日からは12月が始まりますね。

 

一気に年末感が増してきましたし、気温や天候・植物の状態からも冬らしさを感じる事が多くなりました。

 

これからの時期は路面の凍結なども心配になりますね。

橋の上などは当然怖いですし、山間部だと1日中日陰になっている場所もあるので注意が必要です。

 

スタッドレスタイヤがある車に関しては、そろそろタイヤ交換を行う事も考えて行きたいと思います。

 

ボチボチ実施中

先週から本格的に始めた敷き草作業。

急な斜面での作業となりますし、他の用事もあることからボチボチと進めています。

f:id:ochagurashi:20211129195503j:plain

先週は風が強い日が多く寒さが体に堪えましたし、細かい草が飛ばされてしまうため厄介でした。

 

しかし、今週は風が比較的穏やかで過ごしやすいですね。作業自体もずいぶん行いやすいです(^^)/

 

冬の風がただ強いだけでなく、冷たく乾燥しているため長時間風に当たると体が冷えてしまいます。

対策をしていないと唇も簡単に切れてしまうため、その点が特に辛いですね。

 

敷き草実施中

敷き草作業は、9月に刈ってそのまま乾燥させておいた枯草を集めトラックで運搬。

f:id:ochagurashi:20211129195811j:plain

そして茶畑に敷いていくのが一連の流れになります。

 

草を集めていると意外と汗ばんできます。

ただ単に厚着しているためか仕事がハードなのか…。もしかしたら、敷き草の保温効果も多少影響しているのかもしれませんね。

 

ちなみに敷き草として利用する草はカヤ(ススキ)が主です。

茎の部分は木の枝のような硬さがあり空洞もあります。

 

ススキその物にも空洞がありますし、草をふんわりと敷くことで空気の層も生まれるため、土の温度変化を穏やかにする断熱材のような効果もあるかもしれませんね。

 

ただし、長い状態の草を敷くのは少しやりにくいです。また敷いた後草が少し細かくなるまで歩きにくかったりもします。

 

茶草場農法で有名な掛川などでは枯草を細かく細断してから敷くようですが、これなら袋に入れて運ぶことが出来ます。

また機械へ草が巻き込まれるような事も防げますね。

 

お茶の木が元気に育つ環境を整えるのと同時に、機械を安全に使用できる状態にするのも重要だと思います!

 

なので将来的には細かくする機械(チッパー)などを導入して、敷き草作業を少し楽に行えるようにしていきたいですね。

晩秋から初冬の茶畑

おはようございます。

今朝もびっしりと霜が降りている川根町上河内地区です。

 

ただ昨日よりは気温が高めなのか、若干曇っているためなのか、昨日の方が一面白くなっていましたね。

 

昨日は風が穏やかだったこと、天気は晴れだったこともありキツイ霜が降りました。

まだ紅葉している木もありますが、植物の生育状況や気象による影響は晩秋から初冬へと変化していますね。

f:id:ochagurashi:20211128151420j:plain

落葉樹の葉っぱもほとんど落ちてしまい、枝が直に見える状態の物が増えてきています。

しかし、ごく一部の毎年遅れて紅葉する木はこれから色付くため、もう少しだけ秋の鮮やかさも楽しめそうです。

 

気温の低下や日照時間が短くなるとお茶の木は休眠へ向かいます。

品種や地域にもよりますが、12月中旬頃になると大半のお茶の木が休眠に入るようです。

 

ただし、これは山間部よりもう少し暖かい地域での指標となるので、山間部で気温が低めな川根地域ではもう少し早い段階から休眠に入るでしょう。

 

現時点では休眠一歩手前の状態だと思いますが、霜が本格的に降りるようになるとさすがに休眠するようになると思います。

f:id:ochagurashi:20211128152200j:plain

ちなみにお茶の木がしっかりと休眠すると、翌年の一番茶(新茶)が揃って伸びてきます。

お茶の木が気温の上昇とともに目覚め、芽を伸ばすようになるため芽の生育が揃い一面黄緑色の茶畑が楽しめるのです(^^)/

 

その後の芽の生育は収穫やナラシ作業などが起点となりますが、一番茶(新茶)に関しては気温の上昇がきっかけとなります。

気温の上昇でスイッチが入るので、低温の期間がしばらくあることが重要なのです。

 

以前沖縄での研修で聞いた話は興味深いものでした!

沖縄ではお茶の木がしっかりと休眠出来るほど気温が下がらないため、一番茶の芽の生育が少しばらつくことがあるそうなのです。

 

同じ品種でも栽培している地域の気候や加工方法が違えば、違った特性のあるお茶がつくられます。

気温の違いはそのままお茶の違いにもなるため面白いですね(^^♪