日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている農家のブログです

半分趣味、半分試験で挿し木を実施

こんばんは。

昨日の夜から降り出した雨は今日のお昼ごろまでしっかりと降りました。雨脚は前回の雨天時よりは弱かったですが、午後になっても雲が優勢の空模様であり時々弱い雨が降ってくるまさに梅雨らしい天気であったと言えると思います。

 

そして前回の雨天時と比べて大きく違うのが気温と蒸し暑さ。前回の時は正直寒いくらいの気温であり冬用のパーカーを急遽着込んだほどです。対して今日は蒸し暑さが堪えます。かなり鬱陶しい暑さとなっていますね。

この点に関してもこの時期らしい天候であると思いました。

 

そんな本日は収穫作業は一日お休みに。前回の時はお昼過ぎから天候が回復したため収穫を行いましたが、本日に関しては完全にお休みとなりました。午後に雨がパラつくこともありましたし若干芽がまだ小さいため、時間を空けることが出来て逆に良かったかと思います。

 

という事で、前々からやりたかったことをやってみる一日としました。

そのやってみたかったことは挿し木です。それもペーパーポットを利用した挿し木であり、将来的に改植をする際自分で苗木を作る事も考えているため、その試験もかねての実施です。

 

今までも自分で苗木を作ったことはあるのですが、挿し木に向いた土で苗床を作りそこへ挿し木する地床形式のみ。地床形式だと苗を植える時に一旦掘り起こす必要があり、その際に若干生育が停滞するとされています。また、植え付け時に植穴をしっかり開ける必要があるのもやや大変なポイントですね。

ただし苗木を購入するとなると地床形式の物の方が安上がりで済みます。また苗木自体も大きめの物を用意できるのが大きなメリットとなるでしょう。

 

ただ、地床形式であってもポット形式であっても土を用意する必要があるため、今回はポット形式でやってみることにした次第です。

挿し木をしたのは4つの品種と枝替わりの黄色っぽい芽が伸びるチャノキの計5種類です。もし挿し木が成功した場合は、いろんな品種のチャノキを同じ区画に植えてある場所を作る予定です。

 

またペーパーポットによる苗木づくりが上手くいけば、今後改植する際に自分で苗木をポット形式で作ってみようかとも思っています。

 

半分趣味のチャノキづくり、そしてもう半分は今後の事を見据えた試験的なものである今回の挿し木。楽しみつつ、学びや気付きをしっかりと書き留めておき今後のお茶づくりに生かしていきたいと思います。

二番茶は終盤に

こんばんは。

昨日は午前中を中心に激しい雨が降りましたが、お昼ごろには止みその後は天気が回復に向かいました。お昼ごろに雨が上がるというパターンであったため、昨日は午後から収穫作業を実施。収穫出来る時間が限られていたため量は採れませんでしたが、それでも2時間少々収穫が行えたのは大きかったです。

ただハイペースで作業を進めたため作業時間は短くとも疲労感は結構大きかった一日となりました。

そして本日は一日を通して晴れという事で、朝から夕方までしっかりと収穫を行えました。朝露がかなりきつめに降りていたので露払いの手間がかかりましたが、日差しがあったため予想より早く乾きその後の収穫は順調であったと言えます。

 

本日でそれなりに大きくなった畑では全て収穫を行えました。まだ収穫していない畑もあるのですが、そちらでは若干芽が小さいためもう少し時間を置きたいところ。ちょうど明日は雨が降る予報となっているため良い形で芽が育つ時間を確保できそうです。

二番茶シーズンはいよいよ終盤に入っていきます。

地域の中ではすでに収穫を終えた方もおり、畑を見ても多くの場所で収穫を終えた状態が目立ちます。残り僅かとなった二番茶シーズン。二番茶シーズンの終わりは2024年のお茶づくりの終わりでもあるため、最後までしっかりと取り組んで行きたいと思います。

順調に進む二番茶

こんばんは。

上河内地区の二番茶は本日で3日目となりました。収穫量(生葉)も工場全体で本日は2,400㎏。共同製茶形式でお茶づくりをしている場合で考えるとかなり少ない量になるかと思いますが、当地区の今シーズンに限って言えば少しずつ量が増えてきた状態になりますね。

多くても3,000㎏を超すようなことは無いと思われるため、連日2,000㎏程度の生葉が集まる事になるのではないかと思っています。

 

天候も今のところ半日雨が降り半日曇りや晴れというような日が無く、収穫を行うとしたら一日しっかりと行えている状態が続いているのが有難いです。

 

露が乾かないと収穫が行えないため、午後から雨が降り出すようなパターンでは収穫出来る時間がかなり短くなってしまいますし、午前中雨が降り午後になると雨が上がるパターンでは露が乾くまでにだいぶ時間が必要になります。労力も必要になりますし精神的にも休まる暇がないため、雨が降るなら一日しっかりと降って欲しいのです。

露が乾くまでの間に露払いや野イモのつる取りなどやる必要のある作業はあるのですが、せっかく収穫できるようになった状態で雨が降り出すということもこの梅雨時期であれば度々あるため、天候に振り回されてばかりな時期と言えるでしょう。

雨の後の澄んだ青空

こんばんは。

昨日の川根町上河内地区は朝から強い雨が断続的に降りました。夕方には小雨となりましたが、あまりの激しさに少し怖くなった時間帯もあったほどです。当地区では大きな被害は出ませんでしたが、ニュースなどを見ていると伊豆の方では被害が出てしまっているようなので、前線による雨だとしても決して油断は出来ないなと思いました。

被害に遭われてしまった方には心よりお見舞い申し上げます。

 

ちなみにそんな昨日は雨天であったため収穫作業は行えませんでしたが、日中は事務作業や夕方からは少し壊れてしまった生葉の荷受け台の修理などを行ったため、なかなか充実した一日であったと思います。

思いのほか大雨となってしまいましたが、土も十分に湿ってくれたことでしょう。最近は雨が降らなかったり降っても僅かな量であったため川の水も減る一方でした。被害が出なかったから言える事かもしれませんが、当地区においての今回の雨は恵みの雨であった一面もあるかと思います。

 

そして本日は、午前中を中心に気持ちの良い青空が広がってくれました。

雨上がりという事もあり蒸し暑さが少し堪えたものの、とても澄んだ青空が広がってくれましたね。

 

雨露および朝露がなかなか乾かず収穫の開始は10時ごろとなってしまいましたが、その後も雨が降ることなく天気が持ってくれたため一日を通して収穫を行うことが出来ました。やや芽が小さいうちに収穫を行っているので一番茶と比べると収穫量が少ないですが、品質も悪くありませんし量も芽が小さいからと言って極端に少ないわけでは無いので今のところ良い二番茶シーズンになっていると思います。

そして今後はより芽が充実してくるでしょう。

昨日の雨と今日の日差しそして暑めの気温の影響により、採るにはまだ芽が小さすぎる畑ではすくすく芽が育ってくれることと思います。

 

天気も今後数日間は収穫に支障無さそうなので、良い状態で芽の収穫を続けることが出来そうです。今年の二番茶には期待が高まります。

今日から二番茶開始

こんばんは。

6月も三週目に突入しもう間もなく半年が経過しようとしているのか…と時間の流れに意識がふと向いた本日、二番茶が始まりました。

 

その年に伸びた一番目の芽で作られたお茶を一番茶、二番目に伸びて来た芽で作られる二番茶…と呼ぶのですが、今日から始まったのは「二番茶」ということで2024年二度目の収穫となります。

そして当地区においてはこの二番茶が今年最後のお茶でもあります。地域によっては三番茶以降のお茶づくりを行ったりするのですが、上河内地区においては二番茶で終わってしまうため良い芽が育ってきて嬉しい気持ちがある一方で少しの寂しさもありますね。

今年は畑ごとの生育の差が大きく、天候さえ良ければ最適な状態で収穫をし続けることが出来そうです。ただ数日間に亘って雨が降り続くような天候になってしまえば、芽が大きくなり過ぎてしまうため問題に…。かと言って、晴れが続き毎日収穫が出来るような天候だと芽が大きくなるのを待つ必要が出てくると思われるため、それはそれで問題でしょう。

理想を言えば、2日間収穫を行うことができ1日雨が降り続くような状態が個人的に思うこの時期のベストな天候です。まあ、そう思い通りにはならないので天候に合わせて対応していくしかありませんが…。

 

今年の二番茶は品質を良くするために気持ち早めの収穫を心掛けています。

正直まだ小さいかな…と思ってしまうような大きさなのですが、一番茶にも引けを取らない品質を目指すために気持ち早めの収穫を心掛け二番茶づくりに取り組んで行きたいと思います。

いよいよ二番茶開始

こんばんは。

今日の川根町上河内地区は非常にムシムシした一日となりました。昨日の雨は今朝まで続き、その後も雲が目立つ空模様が続きました。雨の後はしっかりと日差しが出るかなと思っていたので少し期待外れの天候でしたね。

ただ、久しぶりに土をしっかりと湿らせる雨が降ってくれたのは良かったです。芽が育つ時は特に水分が必要になるため二番茶の生育にもメリットがあるでしょう。その一方で芽が伸びやすい条件が整っているため、収穫し遅れないように注意する必要があるでしょう。

収穫が行えるかは天候次第な所があるので計画的に収穫を進めていきたいものです。

明日から始まる二番茶。2024年に行う収穫はこれで最後になるので、しっかりと取り組んで行きたいと思います。

熱中症にはご注意ください

今日の川根町上河内地区は今年一の暑さとなりました。

晴れて日差しがたっぷりと届いたこと、気温が上がったこと、湿度も高かったことからかなり蒸し暑さを感じる一日となりましたね。風があれば体感的には少し涼しくなったかと思いますが、風も穏やかであり何もしなくても汗が出てくるような陽気でした。

このような状況になると熱中症の危険性が高まるでしょう。

季節の変わり目でもありますし、熱中症などにはお気をつけてお過ごしください。