日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている農家のブログです

膨らみ始めた三番茶芽

こんばんは。

最近は所用で忙しく投稿頻度が落ちていますが、お茶づくりの方にはしっかりと力を入れて取り組んでいます。先週までは梅雨明け後のような青空そして高温となりましたが、ここ最近は梅雨が戻って来たかのような空模様が続いています。

ただし、雨の量はそこまで多くないです。天候としては雨が続くというよりも曇りがちであり、梅雨時期後半の天候と言うよりも梅雨入りしたばかりの頃のような天候となっていますね。

 

とはいえ、地域によってはかなりの大雨となっているようですし油断はできません。昨今の短時間に大量の雨をもたらす降り方は本当に厄介な降り方であると思います。

極端な天候のニュースなどを見ると今後どうなってしまうのかという気持ちになります。

 

三番茶芽の生育

先週で浅刈り作業と裾刈り作業が終了し、今日からは石灰資材の施用を始めました。石灰資材は土の酸度調節や微量要素の補給のために施されるものになりますね!

野菜などの栽培では種まきや苗の植え付け前に土づくりを兼ねて施す場合が多いでしょう。肥料の主要な成分である窒素・リン酸・カリウムを多めに含む肥料と比べると出番は少ないですが、地味に重要な資材であることには変わりありません。

 

なおチャノキは野菜とは違い何年も育て続ける作物ですが、年に一回程度土の酸度調節などを目的として石灰資材を施します。チャノキは一般的な作物と比べると酸性土壌を好むのですが、酸度調節が一切必要ないわけではありません。

仮に土の酸度調節が必要なかったとしてもチャノキは微量要素を好む特徴も持っているため、微量要素の補給の観点からも必要になってくるでしょう。

 

うちでも土の酸度調節が必要なくとも微量要素の補給の観点から、少量であったとしても毎年施すようにしています。カキやホタテの貝殻を主原料とした物であれば、資源の有効活用および循環的な意味合いも少なからずありますしね。

この石灰資材の施用は今週1週間程度かけて行う予定でいますが、畑を見ていると三番茶芽が膨らみつつあることに気が付きました。

 

来年の一番茶の出来を左右するのが三番茶芽であるため、今後はまさに勝負の期間になっていくと言えます。よく観察を行い生育状況に合わせ防除を行い芽を守ったり、葉面散布を行い生育を支えたり…萌芽が始まり葉が完全に硬化するまでの約2か月間、しっかりと手入れをしていきたいと思います。

梅雨空再び

こんばんは。

昨日の川根町上河内地区は一日を通して雲が優勢な空模様となり、夕方からは雨が降り出しました。そして本日は午前中を中心に雨となり、雲が空を覆っています。

先週の晴れ続き&高温続きの日々と比べると梅雨らしい天気が戻ったと言えますね。

 

気温もこの時期としては暑い方だと思いますが、それでも先週の厳しい暑さと比べるとずいぶん穏やかになってくれており、さらに風も適度に吹いていたため過ごしやすさは格段に良くなったかと思います。

さらに、雨が降ってくれたことにより植物たちへと水分供給もしっかりと行われたことでしょう。

特に深刈りを行った畑では芽が再生してきている最中という事で、今回の雨はまさに恵みの雨となってくれたことだと思います。気温もある程度高い状態が続いていますし、グングン大きくなっていきそうですね。

 

7月中にはいったん伸びた芽を刈り落とす作業を行うのですが、この作業をいつ行うかもそろそろ考えていきたいと思います。

高温続きは今日で一週間に

こんばんは。

今日も体温並みの気温となった川根町上河内地区です(^^;)

高温が続いているのは今日で一週間、そのうち直近5日間は体温並みかそれを超えるような暑さとなっているため、疲れが抜けず疲労感が増していく一方な状態となっています。多少暑い日があるのは仕方が無いと思いますが、それが連続するのはさすがに勘弁してほしいですね。

 

そんな暑さを強い日差しに見舞われている今年ですが、4年前の同じ時期は真逆な天候となっています。

こちらの写真を撮影した年になるのですが、この年は浅刈り作業初日は写真のように良く晴れた天気となったのですが、それ以降はずっと雨が続き合羽を着ての作業となりました。

 

合羽は通気性が悪いのでこの頃の高温による暑さとはまた違った暑さを感じていましたし、雨が続いていることで病気が出やすくなりその後の生育にも影響が少し出てしまいましたね。

かと言って、今年のような高温で少雨の状況が続いてしまうのも問題です。高温で雨が少ないと芽の伸びに大きな影響が出たり、病気の発生は少なくなるものの(カビ由来の病気がほとんどなので)害虫の発生が多くなりそれが芽の生育に悪影響を及ぼすこともあります。

 

梅雨時期はジメジメした天気が続くのが少し厄介な点でもあると思いますが、だとしても程度は雨が続く季節があって欲しいものです。雨が降り続き過ぎてしまうのも問題ですが、雨が降る季節はやはりある程度雨が降り続くような状況にならないとこれはこれで後々影響が出てしまうことでしょう。

今週後半からは梅雨空が戻る予報が出ているので、この暑さを少しは和らげ土を十分に湿らせるような雨が降ることを願うのみです。

「おくひかり」を見ると冷茶が飲みたくなります

こんばんは。

今日も暑さ厳しい一日となりました。気温の数字的には今年一番です。手元の温度計で38℃という数字が出ていたので、かなり暑かったと言えます。実際、静岡市では最高気温が40℃となったということで危険な暑さであったことは確実でしょう。

ただ、日中は気温が上がっていますが朝晩は過ごしやすい気温となっています。山間部という事もあると思いますが23℃程度までは下がっているため、辛いのは日中から夜にかけてとなります。暑いのも大変ですし昼夜の寒暖差も大きいので、この点も身体的にきつく感じますね。

 

そんな暑さ厳しいこの頃ですが、まずは浅刈り作業の方が無事終了しました。裾刈り作業などの作業はまだ残っていますが、こちらに関しては一人で作業が可能であるため、大きな作業はいったん終了したと言えるでしょう。

 

刈り落としをする畑の中では、遅れて伸びて来た二番茶芽がまさに採り頃の状態となっているところもありました。特に収穫を二番茶シーズン後半に行った畑でこの傾向がありましたね。

「おくひかり」の畑でもそんな部分があったのですが、ツヤのあるやや濃い緑色をした芽を見ていると冷茶がなぜがとても飲みたくなりました(^^;)

たぶん見た目的に清涼感が強いので、そのような気持ちになったのかなとも思います。

 

夏はこれからが本番ですし、長期予報を見ると暑さ厳しい日は当分続きそうです。

ある程度暑くなるのはもう仕方が無いことだと思うので、体調管理には気を付けて過ごしたいと思います。

今日も今日とて暑い日に

こんばんは。

今日も相変わらず暑い一日となりました。最高気温が36℃、37℃という体温並みの数値まで上がるのは今日で3日連続。4日前も猛暑日一歩手前の34℃であったため、暑い日が続いていると言えます。

 

数日暑い日が続いているため多少暑さには慣れて来たかなという感覚はありますが、同時に疲れが抜け切れていない感覚があります。やはりここまで暑い日が続いていると無自覚に疲れが溜まってくるのでしょう。

もうしばらくはこの厳しい暑さが続きそうです。気象的に熱中症のリスクが高まっているだけでなく、疲れや寝不足など身体的な状況的にも熱中症のリスクが高まっていると思われるため、より注意した行動を心掛けたいと思います。

なお、茶畑では裾刈り作業および浅刈り作業があと少しとなりました。あと少し頑張っていきたいですね。

今年初の猛暑日に

こんばんは。

今日は暑さが厳しい一日となりました。天気も良く晴れ日差しがしっかりと届く状態。風が適度に吹いていたのは良かったですが、手元の温度計で37℃まで気温が上がり今年初の猛暑日となりましたね。

カラッとした晴れであったこと風が吹いていたことは良かったですが、やはり猛暑日越えの気温という事でかなりきつい一日であったと思います。

もう完全に梅雨明けの頃のような状況となっていますね。夏本番の厳しい暑さが体に堪えます。

 

現在行っているのは裾刈りと浅刈り作業。両親が浅刈り作業を行い、私は裾刈り作業を行っています。浅刈り作業ではナラシ作業よりも多くの枝葉を刈り落とします。刈り落とし量が多いため、裾部分(畝間)がしっかりと空いていないと上手く落とせず手間がかかったりするのです。

また畝間が狭いと歩くのも少し大変になりますし、害虫の住みかとなったり病気が発生しやすい場所となったりしますね。そのため刈り落とすことで病害虫の被害を今後抑えていく効果もあると言えます。

ただ、この暑さの中での作業なので熱中症などのリスクは高めでしょう。

体調管理には気を付けつつ、こまめな休息を取りながら作業を進めていきたいと思います。

梅雨らしくないこの頃

こんばんは。

今日の川根町上河内地区は朝方と夕方を中心に少し雲が広がりましたが、まるで夏本番の頃のような天候や気温となりました。

 

今は梅雨時期真っ只中ですが、まるで梅雨明け後の天気のように思いましたね。気温も日中は安定して30℃を超えていますし、湿度も高めなことから体感的には夏本番の暑さのように感じてしまいます。もう扇風機なしで過ごすのは厳しいですね。

(写真は本日の朝方になります。写真で見ると暗く感じますが実際は結構明るいです。また、お昼前から夕方にかけては青空が占める面積の方が多かったりしました)

 

先日は大雨となりましたが、今年は梅雨時期でありながらも梅雨らしくない日が多いように思います。曇りの日は多いものの、シトシトと雨が降り続くような日はあまりないですね。雨が降るとしたら強く降りその後は止んでしまうような天気が多く、数日間雨が降り続けるような状態にはなっていません。

 

外作業が行えるので今の所問題は無いのですが、もし今後も雨が少ない状態が続くとすれば何らかの影響が出てくる可能性はありそうです。

ただし地域によってはかなりの大雨となり被害も発生していますし、雨の季節はまだ続きます。台風シーズンも今後が本番ですし、今あまり雨が降っていないからと言って慢心してはいられませんね。