日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

立夏を迎えて

こんにちは。

いよいよゴールデンウィーク

残すところあと1日。

連休はいかがお過ごしでしたか…?

 

天気も比較的よかった連休で

旅行やレジャーなどには

ぴったりだったと思います。

 

 

今日は二十四節気の1つ『立夏

いよいよ夏が始まります。

昨日今日と、初夏らしい

清々しい天気が続いています。

 

お茶の芽も収穫に程よい大きさとなり

昨日から一番茶のピークとなっています。

 

上河内の共同製茶工場では

1日に収穫できるお茶の葉の量が

一軒に付き何㎏か決められています。

この事を「割り当て」と言っています。

 

なぜ割り当てがあるかというと

十数軒ある茶農家が、

それぞれ収穫したい量を好きなだけ採ってくると

工場の処理能力を超えてしまい、

トラブルの原因となります。

高品質なお茶を作ることにも影響するでしょう。

 

そのため1日あたり何㎏まで収穫していいか、

各農家の栽培面積に合わせて

割り当てが決められているのです!

 

ちなみに私の家は1日あたり730㎏まで

収穫することが出来ます。

昨日、そして今日はこの割り当てに達するほど

1日約700㎏超を収穫しました。

 

手摘みで収穫した物は50㎏ほど

あとは全て機械による収穫です。

 

下の写真は機械で収穫した後の茶の樹と

収穫する前の畑の様子。

左側の樹が収穫後で右側が収穫前です。

 

ちょうど今の季節に

左側のような茶の樹になっていれば

その茶の樹、茶畑は収穫した後です。

 

岡埜谷農園、そして上河内では

品質の良いお茶を収穫するために

機械で収穫する際も”柔らかい部分の芽”

だけを確実に収穫するために

伸びた芽の上の部分しか収穫しません。

 

そのため、一枚目の写真の左側の樹のように

まだ黄緑色の葉が付いた状態の深さで

芽の収穫を行っていきます。

 

しかし深さが高すぎては収穫量が少なく

品質は良くても量が確保できない…。

逆に低すぎると量はたくさん採れますが

品質が低下する可能性も…。

 

そのため高品質でそれなりに量も採れる

そのような深さで収穫していくのは

経験や技術が必要になります。

 

上河内地区では一番茶シーズンは

残すところあと少し…。

2日ほどになると思います。

 

私が手伝えるのは休日である明日まで。

疲れもありますが美味しいお茶が出来るように

頑張って収穫していきたいと思います。