日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の保存方法 冷蔵庫保存での注意点

昨日は朝方は晴天だったのが、お昼以降は曇天に…。そして、夕方から降り始めた雨は一晩中降り、ヒンヤリと寒い夜となりました。

 

静岡県内では雨が大部分で、富士山や南アルプスなど標高が高い所でのみ、雪となったようです。いよいよ本格的な冬の到来でしょうか…。

 

昨日、夕方から降り始めた雨は今日の朝まで降り続き、お昼からは青空が広がるようになりました。しかし、晴れるとともに風がビュービュー吹き始め、今晩は放射冷却によりグッと冷え込みそうです。

 

静岡県中部と西部の主な街では、滅多に雪が降ることはありません。ですが、暖冬になると南側を前線が通過し、同じタイミングで寒気が入ってくると、雪が降ることもあります。今シーズンは車のタイヤをスタッドレスに変えるなど対策も必要かな、と考えているこの頃です。

 

冷蔵庫で保存する場合は…

購入してきたお茶あるいは頂いたお茶。急須で淹れるお茶を手に入れた時は、どこで保存していますか?

 

一般的な保存場所として挙げられるのが『冷蔵庫』です。

冷蔵庫は低温で温度変化が少なく、強い光ももちろん当たりません。そのため、お茶の品質を維持する場合の保管場所としては、冷蔵庫が最も適しています。

(後熟させる場合は、冷暗所なども良いです!)

 

しかしながら、冷蔵庫で保存する場合は注意するべき事があります(>_<)

それは、冷蔵庫からお茶を取り出す時です!

 

冷蔵庫内は低温に保たれています。そのため、当然お茶も低温の状態になっています。

冷えた低温の状態のお茶を取り出し、袋の口を開け、お茶を飲むあるいは茶筒に移し替える⇐これはNGです!!

 

なぜかというと、茶葉が結露してしまうからです。

 

例えば、冷蔵庫に入れてあるジュース、あるいはコップに入った冷たい飲み物を想像してみてください。最初の内は、容器の表面は特に何ともなっていませんが、しばらく時間が経つと、水滴がたくさん出来ていると思います。

つまり、結露しているのです。

 

この現象が、冷蔵庫で保存した場合のお茶でも発生してしまいます。

お茶は乾燥している物です。結露により水滴が付いてしまうと、水や湿気を吸ってしまい、お茶をダメにしてしまいます(-_-;)

 

そこで結露させないためには、冷蔵庫に保存してあるお茶は出した後すぐ袋を開けず、室温で半日ほど放置します。

すると、冷たい茶葉が室温の温度に…常温に戻るため、結露はしません!

 

そのため、冷蔵庫でお茶を保存している場合は、袋を開ける半日ほど前には、冷蔵庫から出しておく必要があります。

 

※「冷凍庫」で保存している場合は、冷蔵庫内で1日ほどかけて解凍したあと、さらに半日ほどかけて常温に戻すことが必要です。冷凍庫から直接外に出してしまうと、温度変化が大きすぎるため、一度冷蔵庫を経由します!

 

まとめ

お茶の保存場所として使用されることのある”冷蔵庫”

冷蔵庫でお茶を保存する場合のポイントは…

 

・急な温度変化(冷蔵庫から出して、すぐに袋を開けるなど)を避け、結露させない

 

・冷蔵庫から出した後は、半日ほどの時間をかけ、常温に戻してから袋を開ける

 

・冷凍庫の場合は、冷蔵庫で1日ほどかけて解凍したのち、さらに半日かけ常温に戻す

 

これらが冷蔵庫で保存するときのポイントになります。