日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の苗の植え付け

こんばんは!

今朝は、霜が降りるほどの寒さになりましたが、日中は暖かく青空も広がり、穏やかな1日でした。ただ、花粉がたくさん舞っているのは辛いですね(^_^;)

 

昨日の午後から「お茶の苗」の植え付けを行っています。今日も朝から夕方まで、1日を通して行ってきました。

 

お茶の樹は一度植え付けを行うと、30~40年間ほど、栽培を続けます。中には50年以上、栽培を続けている樹もあるほどです!

 

つまり、今回、2019年の春に植え付けをしているお茶の苗は『2049年頃』まで栽培を続けていくことに…。お茶の苗の植え付けは、数年先の未来ではなく、何十年という未来のことも考えながら行うお仕事になるのです。

 

 

ポイントは真っ直ぐ植える

お茶の苗を植えていく時に重要となるのが、真っ直ぐ・一直線になるように植えていくことです!また、樹と樹の間隔をどれくらいにするのかも重要ですね…。

 

そのため、植え付けを行うときは、「ひも」を張ったりして、目印を作ります。

P1040199.JPG

この「ひも」に沿って、苗を植えていく穴を掘っていきます。穴の深さは15cmほどです。

 

穴が掘れたら、次に苗を並べて、軽く土を被せて行きます。

P1040201.JPG

苗と苗の間隔は20~25cmほどになるように…。この苗の間隔は、農家さんによって多少の違いがあります。

また、おかのや農園では、お茶の苗を1列に植えて行きますが、2列植える方法もあります。

 

この時はまだ、苗は横に寝ています。並べた苗には、根っこが乾かないように、すぐに周りの土をかけなければいけません!

 

 

1列、植えた穴にお茶の苗を並べ、軽く土を被せたら、次は土を寄せてお茶の苗を立たせていきます。

P1040204.JPG

1本1本ずつ、丁寧に立たせ、根っこの周りを手で押さえます。

押さえることで、根っこと土が密着し、水分が吸収できるようになるのです。(大きな隙間があると、水分を吸収できなかったり、風で倒れてしまい枯れてしまうことも…)

 

これは、野菜や花の苗でも同じですね(^^)/

 

 

最後に、伸びた茎の上部をハサミでカットしていきます。

P1040206.JPG

大体、高さが1/3程度になるように、バッサバッサと…。

ちょっぴり「もったいない」という気持ちも湧いてきますが、実はこの工程は、絶対に行う必要があるのです!

 

植え付けたばかりの苗は、グラグラと不安定な状態です。

強い風が吹くと倒れてしまうことがあるため、高さを低くして、風にあおられないようにする必要があります。

 

また、根っこも張っていないため、十分に水も吸収できません(>_<)

葉っぱがたくさん付いていると、茶の樹の中の水分をたくさん使用してしまいます。使用される水分は多いのに、吸収する水は少ない…。

 

樹に大きな負担がかかってしまい、場合によっては枯れてしまうため、根っこがちゃんと張るまでは、葉っぱを少ない状態にしておきます!

 

 

以上でお茶の苗の植え付けは終了…。

P1040207.JPG

水をあげたり、根元にワラを敷いたりすることもありますが、それらは一切行いません。

数日後に雨が降る予報なので、水は雨任せ…。でも乾燥しないように、雨が降る数日前に狙って植え付けを行っています。

 

 

しっかりと根が張ると、新しい芽がニョキニョキと伸びてきます。数年かけて育てていくと、ようやく収穫できるようになり、樹もどんどん大きくなっていきます。

P1040209.JPG

長くて、カマボコっぽいお茶の樹。その始まりは、1本1本の小さなお茶の樹です。