日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

挿し木って何? 茶の樹の増やし方について

こんにちは!

昨日の夕方から降り始めた雨は、朝には上がりました。しかし、なかなか晴れてきません…。お日さまの姿を見るのには、もう少し時間がかかりそうです。

 

雨が上がった直後は、土の中にたっぷりと水が含まれています。そのような状態で土を掘ったりすると、練ってしまうため、硬い土になることがあります。

 

そのため、本来であれば苗木の植え付けを行っていきたいのですが、ちょっぴり我慢…。

天気が回復し、余分な水分が土から抜けるのを待っています。午後からは、植え付けができるかな…。

 

今回、植え付けを行うお茶の苗木は『挿し木』という方法で、増やされたものです。一般的にお茶の苗木は『挿し木』によって増やされます。

 

種を蒔いて育てる方法は分かりやすいですが、『挿し木』による方法は知っている方も少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、茶の樹の増やし方を例に『挿し木』について、投稿していきたいと思います。

 

 

枝の一部から苗をつくる

挿し木』とは何なのか?

簡単に説明すると「枝の一部から新しい苗をつくる方法」になります。

 

お茶の苗は、枝からこのような流れで新しい苗ができます。

伸びた枝の一部、茶色くなった茎の部分から葉っぱを付けた状態で、短くカットします。これを『さし穂』と言います。

 

茶の樹の場合は、葉っぱを2枚付けた状態でカットすることが多いですね。枝が長いほど、たくさんの『さし穂』を作ることができます。

 

 

次に、この『さし穂』を土の中に、一定の深さに挿します。土は、挿し木用に様々な種類の土を混ぜ合わせたもの、赤土など水をたっぷりと含むもの、などを使用します。

 

根っこが付いていないので、水が吸収されにくい状態です。お日さまの光が当たると葉っぱの呼吸が激しくなったり、土が乾いてしまう原因となり、場合によっては枯れてしまうこともあります。

 

お日さまの光を遮った状態で管理する必要があるのです。「寒冷紗」という布のようなもので屋根を作り、日陰の状態で根っこが出るのをまちます。

 

また土が乾かないように、さし穂が水を吸収できるように、こまめに水をあげます。

 

 

日陰+こまめな水やり、で管理していくと、土に挿した部分から根が出てきます!

根っこが出てくれば、挿し木は無事成功!土から水を吸収できるようになると、新しい芽も伸びてきます。

 

そして、さらに1年、2年と育てることで、お茶の苗木として植え付けが行える状態になるのです。

 

 

挿し木のメリット

茶の樹をなぜ『挿し木』で増やすのか?それにはちゃんとした理由があります。

 

お茶の樹は『自家不和合成』という性質を持っています。お茶の樹も花が咲き、種ができるのですが、自分の花粉では受粉しないのです!この性質を『自家不和合成』といいます。

 

自分の花粉では受粉しない…。つまり、授粉するためには他の種類の花粉が必要となります。

 

種ができる樹の性質と、花粉の樹の性質が組み合わされた種ができるため、『やぶきた』という種類の茶の樹の種であっても、親と同じ『やぶきた』が育つわけでは無いのです!

 

P1030935.JPG

お茶の樹の種を蒔くと、いろんな特徴を持った樹が育ちます。葉の色や形…似たものはあっても、同じものはありません。

P1030940.JPGP1030938.JPGP1030939.JPG

 

種から育てる方法では、それぞれが違った特徴を持つ樹に育つため、一定の品質のお茶を作るのは難しくなります。また、美味しい芽や葉っぱが収穫できる樹に育つとは限りません…。(品種改良をする時には、種から育てて、優秀な品質・特徴を持つ樹を選抜して、新しい品種を作り出します)

 

 

そこでお茶の樹を増やす際には、親と同じ特徴を持った樹を増やせる『挿し木』方法が用いられるのです。

 

 

最後に

今回はお茶の樹の場合を例に、挿し木について書きました。

『挿し木』はお茶の樹だけではなく、果樹などでも使われている技術です。

 

例えば『ぶどう』

ぶどうの樹も、種を蒔いて育てる方法では、親と違った特徴を持った樹に育ってしまいます。そのため『挿し木』によって増やされています。

 

巨峰やピオーネなどのポピュラーな品種、近年人気のシャインマスカットも、元は1本の樹から始まりました。美味しい品種を楽しめるのも『挿し木』技術があるからこそなのです。