日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ミツバチを呼び寄せる花『キンリョウヘン』

春本番になると様々な花が咲き乱れますね!

代表的な花と言えば”桜”ですが、それ以外にもスミレや菜の花などなど、色とりどりな花が見られます(^^♪

 

花の蜜を集める「ミツバチ」にとってはまさに繁忙期…。

 

今年の春は、こっちの花からあっちの花へ、盛んに飛び回っている姿を見るようになりました(^^)/

養蜂プロジェクト始動!

 

分蜂(ぶんぽう)とは

「ミツバチ」は、春から初夏にかけて『分蜂(ぶんぽう)』ということをします!

 

春になると、ミツバチの家族に新しい「女王バチ」が誕生し、「働きバチ」も続々と誕生するようになります。

しかし、1つのミツバチの家族につき必要な女王バチは一匹だけです…!

 

新しい女王バチが誕生したら、昔からいた「女王バチ」は「働きバチ」を半分ほど引き連れて新居へと引っ越しをします。

 

これを『分蜂(ぶんぽう)』というのです。

 

ただ、必ずしも分蜂をするわけでもありません。

働きバチがたくさん増えて、花の蜜や花粉がたくさん集められるなど、環境に左右される年もあります…。

 

 

新居の目印に…

「キンリョウヘン」という花は、ランの一種です。

 

この花の香りは、ミツバチの「集合フェロモン」と同じ匂いを発するそうです。ただし、人にはわかりません(^^;)

 

この「集合フェロモン」と同じ香りが、ミツバチが引っ越しをするときに役に立つのです!

 

 

ミツバチは新居へ引っ越す前に、事前に引っ越し先を探しています。

新居を探しているミツバチのことを「偵察バチ」とも言ったりするのですが、人が作った巣箱や木の空洞など、雨風がしのげて、空洞がある場所を探しています。

 

設置した巣箱の近くに「キンリョウヘン」を置いてあげると、偵察バチが寄ってくることが多くなるそうです。

 

また引っ越しの際も、”集合フェロモン”の香りが、ミツバチの群れを呼び寄せることがあるそうです。

 

設置した巣箱にミツバチが引っ越してくれるように、訪れてくれるようにする確率をあげるのが「キンリョウヘン」

 

私は、養蜂プロジェクトを始めるにあたって、初めて「キンリョウヘン」を購入。試してみることにしました(^^)/

 

 

開花は引っ越しの時期に合わせて

「キンリョウヘン」はランの一種。

胡蝶蘭のような大型のランではありません。育てやすいサイズだなと思いました。

鉢の大きさは別として、葉の長さは30~40cmほどです。

 

冬の間は、寒さや霜から守ってあげるために、家の中や軒先で育てる必要があります。

 

春になり凍る心配がなくなったら、屋外に出して育て始めるのですが、「キンリョウヘン」はミツバチが引っ越しをする時期に合わせて開花をするのです(^^)/

 

3月中に購入した「キンリョウヘン」ですが、購入以降屋外で育てています。気温が上がるとともに、花芽が伸びてきて、つぼみがハッキリと確認できるようになりました。

 

このつぼみが咲くころに、ミツバチが引っ越しをするとされています。

 

ポイントは、凍る心配がなくなったら屋外へ出すということ…。

各地の気温に合わせて花が咲きます。その時期は、ミツバチの引っ越し時期とマッチするので、屋外へ出す必要があるのです(^^;)

 

ただ、栽培技術があれば、室内で開花の時期を調節するなどもできるでしょう!

 

 

養蜂への本格的な挑戦は、今年が元年。「キンリョウヘン」の導入も初めてです!

ミツバチを呼び寄せる効果があるのか…?

巣箱に入ってくれるのか…?

確証はありませんが、色々試しながら挑戦していきたいと思います。