日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

静岡県、新茶シーズンの始まり

おはようございます!

今日は朝から雲一つない青空が広がっています。空気も澄んでいて、とても気持ちが良い1日の始まりを迎えています。

 

しかし昨日は、朝方しぶしぶと雨が降りました…。日中も雲が広がる1日となり、ちょっぴり肌寒く感じた陽気となりました。

 

そこで昨日は、上河内地区で新茶シーズンが始まる前に、必要な物を買いそろえるために買い出しに行っていました(^^♪

 

そして、ついでに牧之原台地島田市南部(初倉地域など)の茶畑の様子も見てきました!

 

すでに牧之原台地島田市南部の茶畑は、一面が黄緑色になっています。新芽が伸びてきて、きれいな景色を楽しむことが出来ます(^^)/

 

茶畑の中をドライブしたり、サイクリング・ハイキングするには最適です!

 

島田市内の牧之原台地にある「茶の都ミュージアム」に訪れるのにも良い時期ですね…。

博物館でお茶の資料を見たり、体験をしたり味わったりした後は、周辺の新芽が伸びてきている茶畑を見ることも出来ます。

 

 

そして、初倉地域の茶畑では、一部の畑でお茶の収穫が始まっていました(゚д゚)!

同じ島田市内なのに、上河内地区のお茶の芽はまだまだ小さい状態…。一方で、暖かな南の方の地域では収穫が始まる、その違いに改めて驚きました!

 

今後は新茶が少しずつ出回っていくようになりますが、上河内茶の収穫・出荷はもう少し先(令和になってから…?)になりそうです。