日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

令和元年、一番茶の終了!

5月2日から始まった、上河内地区の一番茶の収穫。

シーズン11日目を迎えた今日、無事に地域全体で収穫が終わりました(^^)/

 

今年は一番茶を収穫する間、気温は平年並みで季節外れの暑さになることもなく、お茶の芽の品質は良い状態が続いていました。

 

今年も無事に収穫を終えることができたこと、品質の良い物を収穫・製造できたことに、ホッとひと安心です!

 

しかし、慢心してもいられません(>_<)

来年の一番茶づくりへ向けて、今シーズンの反省を行い、これからの農作業に生かしていく必要があります。

 

一番茶の収穫後は、6月に行われる「二番茶」の収穫へ向けての作業が主となりますが、「二番茶」が終了すれば、いよいよ来年の一番茶へ向けての準備が本格化します。

 

そのためこれからの時期は、昨年の作業内容や一番茶の状態を振り返ったり、肥料や農薬・茶の樹の育て方などを改めて勉強する期間となるのです。

 

 

今回は、一番茶の生長前から収穫直前までの畑の写真を、改めて投稿したいと思います。