日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

今日の一枚 シーズン最終日

5月2日、八十八夜の日から始まった川根町上河内地区のお茶の収穫。

 

今日でいよいよ、最終日となりました。

 

毎年、一番茶シーズン中に1日か2日は雨が降り、お休みとなる日があるのですが、今年はありませんでした。

雨が降ったとしても夜中…そのため、シーズン初日から最重日まで、収穫と製造が連日続きました。

 

今年は、お茶の品質的には申し分ない物が作れたものの、収穫量に関しては少し少なめでした。

 

しかし、今年も無事に収穫が行えたこと、品質の良いお茶が作れたことに、ホッとひと安心です(^^)/

 

一番茶(新茶)は、お茶農家にとってとても大切なもの…。

収穫シーズンは約10日から2週間ほどと、とても短いのですが、1年間に行ってきた努力がこの期間に結果となります!

 

このお茶が多くの人の下へ届くこと、そしてリラックスできるひと時、心落ち着くひと時を過ごせることに繋がるといいなと、思っています。

 

ラスト1日、最後までしっかりと頑張ります。