日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

今日の一枚 生葉からお茶へ…

今日の一枚は

(今日の1枚と言いながら、3枚ですが…)

いつもの茶畑の風景や作業内容、生育状況ではなく、茶工場での加工についてです。

 

もちろん、茶畑で健康的なお茶の樹を育て、品質の良い新芽を収穫することが重要ですが、それだけではお茶とはなりません。

蒸して、揉みながら乾かして…畑で収穫した生葉を加工しなければ、飲めるお茶とはならないのです。

 

今回は、畑で収穫したお茶の葉が、どのように変化していくのか?について、投稿します。

 

 

生葉を蒸す

畑で収穫したお茶の芽や葉のことを『生葉』と言います。

意味的には、文字通りの”生”の”葉っぱ”という意味です。

畑で収穫した生葉は、収穫後すぐに変化が始まります。

 

お茶の葉は収穫後「酸化酵素」という酵素の働きによって、変化が始まります。お茶の世界ではこの変化のことを「発酵」とも言ったりします。

 

目に見える変化としては、ちょっぴり花のような香りがしてきたり、葉の色が赤色あるいは茶色っぽくなっていくのです。

 

紅茶は、「酸化酵素」の働きを最も利用して作られるお茶で、逆に緑茶は使用しません。ウーロン茶は紅茶と緑茶の中間に位置しているお茶となります。

 

 

どうしたら「酸化酵素」の働きを調節できるのか?

どのような、緑茶・ウーロン茶・紅茶を作り分けているのか?

ですが、三者は「酸化酵素」の働きを止めるタイミングが異なっているのです。

 

「酸化酵素」の働きを止めるためには、を加えます。

酵素の働きを最も使用する紅茶は、紅茶を作る最後の行程で熱を加えて乾燥させるのですが、この時「酸化酵素」の働きが止まります。

 

緑茶は、紅茶とは真逆で、作る工程の一番初めでいったん熱を加え、「酸化酵素」の働きを止めてしまうのです。

 

その作業方法が『蒸し』となります。(釜などで炒る作り方もあります)

蒸したお茶の葉っぱは、緑色が濃くなり、良い香りがしてきます。

 

「蒸す」工程は、お茶の品質を左右する重要な工程です。

 

上河内地区では、

・上河内茶の最大の特徴”香り”を活かすため

・茶葉本来の力を活かすため

・数回淹れても美味しく飲めるようにするため

蒸し時間を30秒~40秒ほどとする「普通蒸し」あるいは「浅蒸し」と言われる製法によって作っています。

 

 

ちなみに、蒸し時間が1分を超えるようなお茶は「深蒸し茶」と言われ、淹れた時のお湯が濃い緑色になるお茶となります。

 

深蒸し製法=「深蒸し茶」あるいは「深蒸し煎茶」

普通蒸し製法=「普通煎茶」あるいは「浅蒸し茶」

 

 

揉む・乾かすを繰り返し…

煎茶(緑茶)を作る工程は、お茶の葉を蒸した後は、揉む・乾かす工程が続きます。

 

畑で収穫したお茶の葉の約80%は水分。この水分を取り除かないと、保存ができて品質の良いお茶はできないので、揉みながら乾かしていく必要があるのです。

 

蒸した後の茶葉は、いつくかの行程を順番に進んでいきます。

※機会があれば、いずれ投稿したいと思います。

はじめは、葉っぱの形・芽の形がハッキリと分かる形状ですが、工程終盤にはこうなります↓

普段急須で淹れて飲む茶葉の形になりました。

※普通蒸し製法で作っているので、針状の形になります。深蒸し茶の形とは、少し違うかもしれません…

 

針のように伸びていて、つやのある緑色…。今年も良いお茶が作れています(^^)/

(白く見えるのは、お茶の芽の茎部分。異物ではありません)

 

 

できたこのお茶は「荒茶」と言い、袋に詰めて出荷されます。

 

荒茶が取引された先で、ふるいにかけて茶葉の大きさをそろえたり、さらに乾燥させたりして、パック詰めされます。

 

そして、ようやく普段飲むお茶として手元に届くのです(^^♪

 

 

お知らせ

おかのや農園では、上河内茶のお試しパック(20g入り)の販売を準備しています。

今年の一番茶を使用したお茶です。

 

上河内茶は今まで、小売販売などは行ってきませんでした。

農家が親戚に渡したり、自分たちで飲む分は、加工したりパック詰めを委託して、お茶を作ってきましたが…。

 

しかし『上河内産の川根茶「上河内茶」の味や香りを、知ってもらいたい!』

と思い、今年から直接販売を進めていく予定です。

 

その第一弾として、始めるのが「お試しパック」のご提供。

今のところ、まだ準備中ではありますが、製品が完成したら、改めてご案内をさせて頂きたいと思います。